本陣ロゴ
0749-82-3438

よくあるご質問

漢方薬はどんな人に合いますか?
漢方医学は約三千年の歴史に培われた臨床経験医学であり、生薬も処方も、また養生法もその間に取捨選択され現在まで継承されてきたものです。
漢方薬はその方のご症状、体質に対して合わせるものであり、人を選ぶものではございません。
どのようなご症状、体質でも漢方薬をお飲みになる価値はあると考えます、どうぞ安心してご相談ください。
どのくらい飲めば効きますか?
患者さまのご病状、体質、お飲み頂ける漢方薬の内容によっても変わりますので一概には言えませんが、慢性病の場合、1〜3か月ぐらいで効果が現れ始める事が多いとは思います。
もちろん慢性病でも1〜2週で効果を感じられる場合もございます。
何年もかかってしまった慢性病や、難病の場合は効果の現れる期間も長くかかる傾向がございます。
どのくらい飲めばいいですか?
これも患者さまのご病状、体質によって違いますので一概には言えませんが、慢性病の場合、症状が完全に消失して良くなってからも2〜3か月は服用を続けられることをお勧めします。
このため漢方薬は6か月から1年位を服用頂く場合が多いです。
しかし、肝臓病や糖尿病、心臓疾患、腎臓疾患、喘息、アトピー、リウマチ等、再発予防の体質改善に更に6か月〜1年位長く必要な場合もあります。
また、良くなったからと言って途中で服用を中止し、また再発して来局される方がいらっしゃいますが、再度の漢方治療を一から始めなければなりません。
しっかり治療した方は再発しても短期間の服用で良くなることが多いものです。
どんな漢方薬を使いますか?
当店の漢方薬には 煎じ薬、粉剤、顆粒剤、丸剤、錠剤、液剤 がございます。
漢方薬は自然の生薬を原料として作られます。そのため化学薬品と違い、品質による違いがあるのも事実です。このことは同じ生薬や同名の処方でも効果の違いとして現れ、場合により副作用的なこととしても現れます。
当店の煎じ薬は生薬毎に品質にこだわり、また顆粒剤や丸剤などは多くの漢方製薬メーカーの中から処方ごとに品質にこだわって選んだものを採用しております。
病院の薬と併用できますか?
最初は現在お飲みの病院、医院のお薬はそのままお服み頂き、併用することが基本です。
      
漢方薬に副作用はありますか?
正しくは漢方薬に副作用がないのではなく、漢方医学には元々副作用という概念がなかったのです。
漢方薬はあくまでもその患者さんの体質、症状にあわせて選び、作るものであり、漢方薬を飲んだことによって期待しない症状が出てしまった場合は、漢方薬の選び間違い(誤治)という考え方をしていました。
しかし現在の漢方薬の使われ方は病名のみで選ばれてしまうことが多く、本来その患者さんの体質には合っていなくて何か新たな症状が出た場合、それが副作用という言われ方をされてしまっています。
しかしながら少数ではありますが、漢方薬に使われる生薬の中には激しい作用があるものもあり、使い方次第では副作用のようなものもあるのは事実です。
      
電話でも相談できますか?
申し訳ありません、電話のみによる相談は基本的にさせて頂いておりません。
二回目以降は場合により電話での対応をさせて頂けることもございます。
ご予約は電話でお取りすることが出来ます。
代理でも相談できますか?
漢方薬の選定するためには患者さまの症状、体質を正しく把握する事が大切になります。
これには患者さまと直接応対し、四診(望診、聞診、問診、切診)により東洋医学的観点から判断する事が最も良い方法です。
どうかご本人様ご来店の上ご相談下さいませ。
尚、ご病状的に外出が困難である場合や、遠方でご来店が難しい場合は対処させて頂ける事もございますのでご相談下さい。
妊娠中でも漢方薬を飲めますか?
生薬や漢方処方によって飲めるものも飲まないほうが良いものもあります。
また妊娠月齢による違いもあります。
当店では子宝漢方について専門的に相談させて頂いておりますので、妊娠中あるいは出産後の漢方薬についても安心してご相談頂けると思います。
子供でも大丈夫ですか?
もちろんお子様でも大丈夫です。
お子様のご症状、体質、年齢、体格等により漢方の処方や服用量が変わります。
所要時間や相談の流れは?
初回のご相談はお客様のご症状、体質をしっかりと把握するために、基本1時間、子宝相談の初回は2時間のご相談時間を取らせていただきます。(子宝、婦人疾患のご相談は先に問診票にご記入頂きますので10分程度予約時間より早めにお越しくださいませ)
ご相談後は次回予約日を決めて頂き、お薬を調整いたします。
お薬の調整には10〜20分程度かかる場合が多いです。
2回目以降は30分〜1時間程度の相談時間です。
初回相談時に用意するものは?
できるだけ現在服用中のお薬(お薬手帳で結構です)をお持ちください。
子宝相談の場合は、お付けになっている基礎体温表を必ずお持ちください。また今までの治療等の経過を箇条書きで構いませんので、お持ち頂くとご相談時間が有効に使えます。
皮膚病等の場合、患部を見せて頂くことが一番ですので服装等をご考慮頂ければ幸いです。
また現在の患部の写真をお持ち頂いても結構です。
漢方相談・漢方薬の費用は?
ご症状・体質によって異なり、漢方処方が1剤で済む方もあれば数種類の漢方処方を組み合わせる必要がある方もございます。
費用としては1日分400〜1100円(税別)程度です。
また子宝漢方の周期療法については1周期30000円前後とお考え頂ければ結構かと思いますが、体質、症状によりそれより高くなる場合もございます。
      
クレジットカードは使えますか?
はい、使えます。どの会社のクレジットカードでもほぼ大丈夫だと思います。
      
保険は効きますか?
申し訳ありません、健康保険はききません。当店の漢方薬代金は実費となります。
駐車場はありますか?
当店の入っております望月ビルの駐車場に7台程度駐めることができます。
また、道をはさんだ向かいには平和堂の駐車場もございます。