基礎体温とは
基礎体温をつけましょう

女性側がもしここで、基礎体温をつけておられなかったら、すぐにでも基礎体温をつけ 始めましょう。 基礎体温はとても大切です。出来たら、結婚したらすぐにでもつけ始めていただきたいもの。 記録された基礎体温はいろいろな情報を教えてくれます。 婦人体温計のメモリを見てみると、

基礎体温の測り方

普通の体温計よりとても細かい体温まで測れるよう になっているのがわかります。それは基礎体温が0.05℃の違いでも とても大切なことを 教えてくれるからです。そして基礎体温はちょっとの不注意でも大 きく違ってきてしま います。計り方の大事なポイントは右記のとおりです 。

  • 朝同じ時間に測定する(ずれたとしても1時間以内にする)
  • 朝起きたら、なるべく体を動かさず、すぐに測定する
  • 睡眠時間は5時間以上取れるように
  • 3周期以上の記録を残す
  • 以上のことが守れなかったときや、体調を崩しているときなどは、 なるべく細かく情報 を備考欄に書く(オリモノ、風邪、睡眠不足、飲酒、下痢、胸の張 り、下腹部痛など)

基礎体温からわかること
良くない基礎体温の形を表してみました。

高低差が大きい型 ダラダラ(少しずつダラダラ高温期になる) 高温期前後の体温が低い
(黄体ホルモンの不全、排卵障害など)
高温期に低温期の様な体温が現れる
階段状型(高温期に一段一段上がるタイプ) 高温期低温期型 高温期短期型 無排卵型(高温期がないタイプ)

健康な女性の基礎体温

健康な女性の月経周期は以下のとおりです
1. 月経周期は26日から35日で安定している
2. 月経期間は5日から7日
3. 低温期、高温期に分かれ、きれいな二層性であること
4. 排卵期後2〜3日でスムーズに高温期に入り、高温期は安定して12日以上あることが 望ましい
5. 低温期は36.3度ぐらいで安定して推移し、高温期と低温期との差は3度以上 5度未満が望ましい
6. 月経期はすぐに体温が下降する