本陣ロゴ
0749-82-3438

不眠症・睡眠障害

不眠症・睡眠障害

寝たいのに眠れない、疲れているのに眠れない、夜中に何度も目が覚めてしまう、頭が冴えてしまう、眠った感じがしない…

不眠症は眠れない夜の苦痛だけでなく、日中の眠気、だるさ、集中力低下などこころにも体にも影響を及ぼします。日本人の5人に1人は不眠がちと言われてて、年々増加傾向にあります。

不眠症や睡眠障害には大きく分けて4つのタイプがあります。

  • 入眠障害
    床に入ってから寝つくまでに時間がかかる場合。健康な状態では平均30分内ぐらいと言われていますが、30分以上1時間とか2時間以上眠れない場合は入眠障害といえるでしょう。精神的な問題、不安や緊張が強いときなどに多いようです。
  • 中途覚醒
    夜中に何度も目が覚めたり、一度起きた後なかなか寝つけない場合。中高年の不眠で多いようです。
  • 早朝覚醒
    年齢ともに目覚めは早くなるものですが、朝、予定の時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまう場合。うつ病でも多いようです。
  • 熟眠障害
    睡眠時間を十分にとったのに、疲れが取れていないと感じたり、眠った気がしなかったりと熟眠感が得られない場合。

上記のもの以外にも、ナルコレプシーや特発性過眠症といった意図しないタイミングで眠ってしまう疾患もあります。

不眠や睡眠障害を起こす原因には以下のようなものがあります。

  • 精神的ストレス

    精神的ストレスは、睡眠に影響を及ぼすことが非常に多く、精神的なショックを受けたり、悩み事やいらいらしたり興奮する事が不眠のきっかけになります。中には自分ではストレスを自覚してなくて無意識の精神的な負担が持続している場合もあります。不眠症状が続くことによりうつ病、躁鬱病(双極性障害)、統合失調症、不安障害などの精神疾患が発症してしまう事もあります。

  • 体内時計の乱れ

    体内時計はホルモンであるメラトニンが関係しており、朝日光を浴びるとメラトニン分泌が少なくなり、夜にはメラトニン分泌が高まり休息・睡眠状態となります。 また日中に太陽光を浴びた夜はメラトニン分泌が高まるため、ぐっすり眠れるようになります。これが不規則な生活や昼夜逆転生活によって体内時計に狂いや乱れを生じて不眠症になってしまいます。スマホやポータブルゲームなどによる脳への刺激も睡眠障害を起こす原因となります。

  • 加齢

    加齢により体内時計が変化し早寝早起きになるため早朝覚醒が起こりやすくなります。
    また睡眠も浅くなるため、尿意やちょっとした物音などでも何度もめが覚めてしまう事もあります。

  • 自律神経失調症や更年期障害

    自律神経失調症や更年期障害の症状として不眠が起こることも多く、自律神経のバランスのくずれは睡眠障害の大きな原因です。

  • 他の疾患によるもの

    痛みやしびれ、かゆみなどの症状は眠りを妨げ不眠の原因となります。アトピーや慢性湿疹によるかゆみ、前立腺肥大による頻尿、甲状腺ホルモン異常、脳腫瘍、呼吸器疾患など原因がはっきりしているときは疾患に対する治療が必要です。

  • 薬の副作用

    抗うつ剤、ステロイド剤、パーキンソン病治療薬、降圧剤、甲状腺治療薬、喘息治療薬、アルコール、カフェインなどは不眠の原因となる場合があります。

不眠や睡眠障害を起こす疾患には、上記に挙げた自律神経失調症や更年期障害以外にも以下のようなものがあります。

  • レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群、下肢静止不能症候群)

    夜眠ろうとベッドに入ったときや、新幹線や飛行機、あるいは映画館などでじっと座っているときに、脚がむずむずしてきて脚を動かさずにはいられなくなります。むずむず、ひりひり等不快感は様々ですが、進行すると激しい痛みとなり、針で刺されたような痛み、虫がはうような痛み、ほてるような痛みなどと表現されます。
    むずむず感が足だけでなく手足まで広がると周期性四肢運動障害となります。

  • レム睡眠行動障害

    レム睡眠行動障害は、夢をみているレム睡眠時に異常行動をしてしまう病気です。夢に合わせて大声で寝言をいってしまったり、立ち上がって行動してしまったりします。
    脳血管障害やパーキンソン病、レビー小体型認知症などの疾患が原因の場合もあります。

  • ナルコレプシー

    過眠症のひとつで居眠り病といわれます。通常ならば寝てはいけない重要な場面でも我慢できないほどの強い眠気に襲われたり、突然眠ったりします。一度の睡眠時間は数分から数十分程度と短く、目が覚めた時は頭がすっきりしていますが、2~3時間後には再度強い眠気に襲われることが多いです。ナルコレプシーの副症状の一つに情動性脱力発作(カタプレキシー)があり、笑ったり喜んだり驚いたりなど喜怒哀楽の感情が高ぶった時に全身や体の一部の筋肉が瞬間的に脱力する発作が起きます。
    ナルコレプシーは睡眠と覚醒状態の維持や制御に関わる神経伝達物質「オレキシン」が欠乏することによって起こることが判明していますが、不足する原因は解明されていません。

  • 特発性過眠症

    ナルコレプシーと同じように、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きて いるのが困難になります。ナルコレプシーとの違いは情動性脱力発作を起こさないことや 睡眠発作がナルコレプシーと比較すると長いこと、深いノンレム睡眠が出現すること、また 夜間の睡眠時間が10時間以上のように長くなる傾向があります。
    学校生活を送っている生徒では、寝起きが悪く、起こそうとしてもなかなか起きません。何 とか目覚めた後も頭がぼーっとする症状が出現します。
    居眠り、昼寝は1時間以上続くことが多く、ナルコレプシーと比べると眠ってもスッキリ していない傾向があります。自律神経症状の合併を認めることもあります。

  • 概日リズム睡眠障害(睡眠・覚醒リズム障害、サーカディアンリズム睡眠障害)

    概日リズム(体内時計)の調節障害のために、睡眠時間帯の異常が持続する睡眠障害のこと です。睡眠時間帯が早くなる睡眠相前進型、遅くなる睡眠相後退型、睡眠相前進型、24時 間周期からはずれるフリーラン型、睡眠リズムがばらばらになる不規則睡眠・覚醒型があり ます。

  • 睡眠時無呼吸症候群

    眠っている間に呼吸が止まる病気です。10秒以上停止するのを無呼吸といい、一晩に30回 以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。

当薬局の漢方相談では、

  • 気の上衝に対して発散を助ける漢方薬
  • 気の鬱滞を改善する漢方薬
  • 気の不足を補う漢方薬
  • 瘀血を改善する漢方薬
  • 水分の滞りを改善する漢方薬

などの漢方薬を用いますが、それぞれに薬方はいくつかあります。
糸練功で五志の憂と呼ばれる自律神経系等の大脳辺縁系に係る経気の異常を探り、臓腑経絡、気血水、右脳型左脳型等を踏まえ、また、不眠症や睡眠障害のタイプも考慮して選薬します。いくつかの要因が重なっている場合も多く、必要な漢方薬の種類と必要な服用期間を左右します。漢方薬の働きで自律神経が活性化してバランスも整い、睡眠障害の改善に結びつくことが多く、是非お試し頂きたいと思います。

不眠症・睡眠障害の当薬局症例

滋賀夕刊参考記事