女性の悩み
生理痛

生理痛の原因は何でしょうか?生理のときに自分で色々工夫されてい る方もおられるでしょう。
そうまず冷えです。「生理(月経)のと き、カイロをおなかに当てると楽になった」なんていうこともあるのでは?
寒い冬に、一段と生理痛を感じてしまうという経験もしたことがないでしょうか?
生理(月経)では、いらなくなった内膜を分解して排泄するために、色々な酵素が働きます。 この酵素は暖かいところが好き。冷たいおなかの中では充分に働いてくれません。
すると、 内膜がはがれにくくなって、痛みを感じてしまいます。生理(月経)中に、冷たいもの を飲んだり食べたりしている人はいませんか?
生理中は暖かいものをとるように心がけ、衣服にも気をつけ、体を冷やさないようにし ましょう。それからもうひとつ。肩がこりやすかったり、唇の色が紫っぽかったり、 顔のシミやくすみがある方はおられますか?
そんな方で生理痛が酷かったら、それは血液の流れが悪くて生理痛になっている可能性があり ます。 血液の流れが悪いと、さまざまな組織の弾力性が悪くなり、たとえば子宮頚管の弾力性も失わ れるため、

月経血が通るだけでも痛みとして感じてしまうこともあるでしょう。
ストレッチ体操や、軽い運動をすると、痛みが和らぐこともあります。ただ生理(月経)中 は、大切な血液が失われるため、激しい運動はたぶー、息が切れるほどの運動は、少し控え めにしましょう。
また甘いものや、脂っこい食べ物は、血液の流れを悪くしてしまいます。スナック菓子や、 甘いものの飲食も気をつけましょうね。いらいらしたり、生理(月経)前に頭 痛があった り、生理(月経)前日から初日が酷く、順調に出血しだすと楽になる方もおられるのでは?
そういう場合は、ストレスが多い生活で、精神的に落ち着かない毎日を送られていることが 、生理痛の原因になっている可能性があります。1日のうちで、少しほっとできる時間を作 って、気持ちが安らぐように工夫してみましょう

漢方薬の話 第60話 生理痛と漢方薬

漢方薬の話 第132話 生理痛ないのが当たり前
生理痛と漢方薬

細かく説明すると、もっとさまざまなことが原因となって、生理痛が起こります。少し下腹 部が重いくらいなら、様子を見ても大丈夫ですが、明らかに痛くて、つらい状態なら、なる べく改善するように、上記のことを気をつけて、生活を見直しましょう。それでもだめなら ・・・・・・・生理痛は、女性として大昔からある症状です。そして鎮痛剤がない時代、日 本でも漢方薬で治療してきました。そして案外知られていませんが、漢方薬は驚くほど生理 痛によく効きます。私の薬局に女性の悩みで来られ、漢方薬を服用していただくうちに、最 初に感じていただけるのが生理痛の改善です。「こんなに生理痛が楽になるのだったら、も っと早く来たらよかった!」そう言われる方も少なくありません。

生理痛を治しているつもりが、アトピーが良くなったり、にきびがきれいになったり、思わ ぬ副作用?だってあります。それは漢方薬が鎮痛剤と違って、抑えるだけのものではなく、 体を根本から変えていくものだから。貴方も漢方薬と上手に付き合って、嫌な生理痛とさよ ならしてしまいましょう。ただ、生理痛の漢方薬も、さまざまな種類があり、その方の体 質によって、服用方法も全く違います。性質の全く違う漢方薬が、効能効に「月経痛」と記 載されている場合もあります。自己判断で漢方薬を服用すれば、効果がないばかりか、悪化 することもあります。必ず漢方専門の薬局で相談することをお勧めします。(竹内聡記)

生理不順

最近生理不順の相談が増えています。中学生の後半から社会人まで年齢層は実に様々です。 生理がきちんとあるころは、痛かったり、かぶれたり、体調が悪くなることもあるので、生 理というといいイメージがない方も多いでしょう。でも生理が無くなってしまうと、それは それでさみしい。又いつまでもだらだら生理があるのも、貧血の原因と なりからだに大きな負担がかかります。最近気になるのはダイエットがきっかけで生理 不順になる方が多いことです。思春期に入るころホルモンの影響で、少し体の線が女性らし くふっくらしてきます。本当はとても大事な変化なのですが、

モデルさんや女優さんのスタイルにあこがれ、過度なダイエットをし た結果月経不順に もう一つのパターンは、受験、就職などの人生の節目にかかる大きなストレスが原因となる 生理不順です。鎮痛剤の常用、精神安定剤の服用も生理不順のきっかけになります。まだ、 年齢も若いし結婚していないからと安易に考えていると、取り返しがつかなくなることもあ ります。15歳過ぎても、生理不順が治らない場合は、正常な形になるように考えていく必 要があります

漢方薬の話 第120話 痩せすぎと月経不順
産後の漢方
多嚢胞性卵巣症候群
更年期障害
子宮筋腫
子宮内膜症