本陣ロゴ
0749-82-3438

女性のお悩み

ご相談の多い女性のお悩み

生理痛の原因は何でしょうか?生理のときに自分で色々工夫されている方もいらっしゃるでしょう。
そう、まずは"冷え"です。
「生理(月経)のとき、カイロをおなかに当てると楽になった」なんていうこともあるのでは?
寒い冬に、一段と生理痛を感じてしまうという経験はいかがでしょう?
生理(月経)では、要らなくなった内膜を分解して排泄するために、色々な酵素が働きます。この酵素は暖かいところが好き。冷たいおなかの中では充分に働いてくれません。すると、 内膜がはがれにくくなって、痛みを感じてしまいます。
生理(月経)中に、冷たいものを飲んだり食べたりしている人はいませんか?生理中は暖かいものをとるように心がけ、衣服にも気をつけ、体を冷やさないようにしましょう。

それからもうひとつ。
肩がこりやすかったり、唇の色が紫っぽかったり、顔のシミやくすみがある方はいらっしゃいますか?
そんな方で生理痛が酷かったら、それは血液の流れが悪くて痛みが出ている可能性があります。血液の流れが悪いと、さまざまな組織の弾力性が悪くなり、例えば子宮頚管の弾力性も失われるため、月経血が通るだけでも痛みとして感じてしまうこともあるでしょう。
ストレッチ体操や軽い運動をすると、痛みが和らぐこともあります。ただ、生理(月経)中は大切な血液が失われるため、激しい運動はタブー。息が切れるほどの運動は控えましょう。

また、甘いものや脂っこい食べ物は、血液の流れを悪くしてしまいます。スナック菓子や甘いものの飲食も気をつけましょうね。
いらいらしたり、生理(月経)前に頭痛があったり、生理(月経)前日から初日の痛みが酷く、順調に出血しだすと楽になる方もいらっしゃるのでは?
そういう場合は、ストレスが多い生活で、精神的に落ち着かない毎日を送っていらっしゃることが、生理痛の原因になっている可能性があります。1日のうちで、少しほっとできる時間を作って、気持ちが安らぐように工夫してみましょう。

お腹が痛い女性

細かく説明すると、もっとさまざまなことが原因となって生理痛が起こります。少し下腹部が重いくらいなら様子を見ても大丈夫ですが、明らかに痛くてつらい状態なら、なるべく改善するように、上記のことを気をつけて生活を見直しましょう。

それでもだめなら ・・・・・・・
生理痛は、女性として大昔からある症状です。そして鎮痛剤がない時代、日本でも漢方薬で治療してきました。そして案外知られていませんが、漢方薬は驚くほど生理痛によく効きます。
私の薬局に女性の悩みで来店され、漢方薬を服用していただくうちに、最初に感じていただけるのが生理痛の改善です。「こんなに生理痛が楽になるのだったら、もっと早く来たらよかった!」そうおっしゃる方も少なくありません。
生理痛を治しているつもりが、アトピーが良くなったり、にきびがきれいになったり、思わぬ副作用?だってあります。それは漢方薬が鎮痛剤と違って、痛みを抑えるだけのものではなく、体を根本から変えていくものだから。
貴方も漢方薬と上手に付き合って、嫌な生理痛とさよならしてしまいましょう。ただ、生理痛の漢方薬にもさまざまな種類があり、その方の体質によって服用方法も全く違います。性質の全く違う漢方薬でも、効果効能の欄に「月経痛」と記載されている場合も多くあります。自己判断で漢方薬を服用すれば、効果がないばかりか、悪化することもあります。必ず漢方専門の薬局で相談することをお勧めします。

滋賀夕刊『漢方薬のおはなし』

最近生理不順の相談が増えています。中学生の後半から社会人まで年齢層は実に様々です。
生理がきちんとあるころは、痛かったり、かぶれたり、体調が悪くなることもあるので、生理というと良いイメージがない方も多いでしょう。でも生理が無くなってしまうと、それはそれで寂しい。また、いつまでもだらだら生理があるのも、貧血の原因となりからだに大きな負担がかかります。

最近気になるのはダイエットがきっかけで生理不順になる方が多いことです。思春期に入るころ、ホルモンの影響で少し体の線が女性らしくふっくらしてきます。本当はとても大事な変化なのですが、モデルさんや女優さんのスタイルに憧れ、過度なダイエットをした結果、生理不順に。
もう一つのパターンは、受験や就職などの人生の節目にかかる大きなストレスが原因となる場合です。
鎮痛剤の常用、精神安定剤の服用も生理不順のきっかけになります。

まだ、年齢も若いし結婚していないからと安易に考えていると、取り返しがつかなくなることもあります。15歳を過ぎても生理不順が治らない場合は、正常な形になるように考えていく必要があります。

滋賀夕刊『漢方薬のおはなし』

月の満ち欠けの周期が女性のホルモン周期と同じであることから名づけられた月経。何の問題もなく、健康的な体であればそのリズムに限りなく近い状態で月経は訪れ、正確な時を刻みます。
ところがこのリズム、そうとは限らない事が多々あります。
周期がとても短い、周期が40日以上になる、周期が定まらない、出血が長く続き10日以上になるなどの症状があれば、排卵障害といわれる状況だといえます。

排卵障害になる原因は様々ですが、大きく分けると以下の3つに分かれます。

① 視床下部からのホルモンの分泌低下、または脳下垂体からの卵巣刺激ホルモン分泌低下による場合

② 多嚢胞性卵巣(PCO)、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による場合

③ 早発閉経による場合

① 視床下部からのホルモンの分泌低下、または脳下垂体からの卵巣刺激ホルン分泌低下による場合

原因として多いのは、ダイエットによる急激な体重減少や、ストレス、過労、睡眠不足、体調不良などによって脳の働きが低下し、卵胞発育のスイッチに必要なホルモンの分泌が低下し、排卵できなくなることです。
東洋医学の考え方では、これらの場合、気血が不足していることが多いため、まず気血を補いながら、血液の流れを良くする漢方薬や、生殖ホルモンの働きと関係する腎を補う漢方薬を使って対処していきます。
閉経して3カ月経過すると、もともとの妊娠力がその後の人生においても低下する傾向にあるとされていますから、なるべく早めの対処が必要です。
東洋医学での考え方は症状が同じであれば対処は同じです。いずれの原因だとしてもその方の状況に合わせてホルモンの分泌力を高めます。

② 多嚢胞性卵巣(PCO)、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による場合

こちらをご覧ください

③ 早発閉経による場合

まだ閉経の年齢ではないにもかかわらず、月経が滞りがちになり、ついには閉経してしまうことがあります。
最近は、卵巣年齢を確認する方法としてAMH(アンチミューラリアンホルモン)を測定する方法がありますが、30歳代でAMHが1ng/ml以下の場合は早発閉経になる可能性が高く、妊娠を望める年齢が通常よりも低いことが予測されますので、気を付けなければなりません。
早発閉経の原因についてはよくわからないことが多いのですが、東洋医学では、老化予防の考え方として、腎精を強力に補う「補腎填精」という考え方と、卵巣の血流を高めるための活血という方法で、卵巣の老化を防ぎ、働きを取り戻して、排卵できる環境を整えるように考えます。閉経してからなるべく早くサポートを開始することが大切です。

まだ閉経の年齢で花にもかかわらず、月経が滞りがちになり、ついには閉経してしまうことがあります。
最近は卵巣年齢を確認する方法としてAMH(アンチミューラリアンホルモン)を測定する方法がありますが、30歳代でAMHが1ng/ml以下の場合は早発閉経になる可能性が高く、妊娠を望める年齢が通常よりも低いことが予測されますので気を付けなければなりません。

東洋医学では、早発閉経の原因についてはよくわからないことが多いのですが、東洋医学では、老化予防の考え方として、腎精を強力に補う「補腎填精」という考え方と、卵巣の血流を高めるための活血という方法で、卵巣の老化を防ぎ、働きを取り戻し排卵できる環境を整えるように考えます。閉経してからなるべく早いサポートすることが大切です。

排卵後の残された卵胞は、黄体形成ホルモン(LH)によって黄体化し黄体ホルモン(プロゲステロン=P)を分泌するようになります。黄体ホルモンは高温期の体温を上げ、子宮内膜に働きかけ、分泌腺が発達するように促し、子宮内膜を妊娠着床のために必要な液で満たします。高温期の黄体ホルモン値は、17ng/ml以上が望ましいとされ、10ng/ml未満の場合黄体機能不全の可能性が高いといえます。

黄体ホルモンは排卵後の卵胞から分泌するホルモンですから、卵胞そのものの質を良くする事が最も大切です。
東洋医学では、卵胞の質を良くするために、腎を補い、気血を補い、必要に応じて気血の流れを良くすることを中心に考えます。その上に体を穏やかに温める漢方薬も併用して、改善を目指します。

プロラクチン(PRL)は脳下垂体から出る乳腺刺激ホルモンで、母乳を出すための大切なホルモンです。授乳中は育児期間で一番大変な時期で、心も体も余裕のない毎日が続きます。そのようなお母様を応援する命を守るシステムとして、プロラクチンが分泌されている間は妊娠力が落ちる仕組みになっています。

プロラクチン(PRL)が過剰に出ると、卵胞の発育を促すホルモン(卵胞刺激ホルモン=FSH)の分泌が抑えられ、卵胞の発育不良につながります。
また卵胞が発育した後、プロラクチン(PRL)によって排卵を促す黄体化ホルモン(LH)の分泌も抑えられ、排卵がしづらくなります。排卵後も黄体化ホルモン(LH)の分泌抑制が続くため黄体機能不全につながる可能性があります。

高プロラクチン血症は造精機能にも影響するため、男性においても不妊の原因になります。プロラクチンがゴナドトロピン(FSH,LH)の分泌を抑え、男性ホルモンでもあるテストステロンの産生が低下することにより、造精機能が抑えられてしまいます。
プロラクチン(PRL)の正常値は15ng/ml以下ですが、夜間に分泌が上昇するため、午前中の測定値が正常の場合でも、午後から分泌が上昇し夜間に異常値になることもあります(潜在性高プロラクチン血症)。

原因として考えられるのは、①間脳障害による場合 ②不安などのストレスによって自律神経が不安定になる場合 ③向神経性薬剤(精神安定剤=ドーパミン(カテコールアミン)胃潰瘍の薬、抗ヒスタミン剤)の内服によってプロラクチンの分泌が促される場合 ④甲状腺機能低下症が原因となる場合があり、また、異常にプロラクチンが高い数値を示す時には脳下垂体腫瘍の可能性もあるので注意が必要です。
間脳障害や、薬剤性、不安などのストレスによるものなど様々な原因でプロラクチンが上昇したとしても、大きな流れとして自律神経の乱れによるプロラクチン上昇と考えられます。

東洋医学の治療方法に「回乳」という断乳の方法があります。母乳育児を終えた女性に漢方薬を服用していただき、プロラクチンを下げ断乳する方法です。
高プロラクチン血症の方にはこの「回乳」という考え方と、自律神経の乱れを安定に導く考え方の二つの局面からサポートさせていただき改善を目指します。

滋賀夕刊『漢方薬のおはなし』

女性の体で一番大きな変化を繰り返すのが子宮の内膜です。
卵胞から分泌するエストロゲンの働きと、プロゲステロンの働きにより、もともと1mmほどの薄さから、高温期には1pにも肥厚し、高温期の終わりに血液と共に排泄され月経になります。たった1ヶ月でこれ程の変化をしている組織は他に見当たりません。

子宮内膜症の原因は正確に解明されていませんが、この月経血に含まれる子宮内膜組織が、腹腔内に逆流し、子宮内膜以外の組織に増殖することにより発症すると言われています。腹腔内のあらゆるところで子宮内膜が増殖するため、卵巣や子宮、各臓器どうしが癒着したり、卵管が癒着し、卵管の機能が低下したり、卵管閉塞の原因になったりすることもあり妊孕性の低下につながります。
また卵巣の中に子宮内膜組織が入り込むと、月経を繰り返すごとにその組織が増殖し、嚢胞となって卵巣の機能を傷害するため(チョコレート嚢胞)、卵の質が悪くなる原因になります。

子宮内膜が子宮筋層内に発症すると『子宮腺筋症』という病気になり、子宮筋層分が厚く肥厚し、炎症状態になるため、着床障害や流早産の原因につながると言われています。

子宮内膜症は、月経周期のホルモンの影響で徐々に悪化する病気です。逆に、閉経することによって徐々に回復に向かうので、妊娠と出産が最良の改善策と言えます。子宮内膜症と診断されている方は、通常の方よりも速いスピードで妊孕性が損なわれるため、できるだけ早いうちの妊娠出産が望ましいのです。

東洋医学では、血流が悪くため経血の排泄が悪いこと、胃腸の働きが弱く気が不足し子宮の排泄能力が弱いこと、体からの異物を排除し体を守る能力(扶正去邪=ふせいきょじゃ)の力が弱いことなどが原因で子宮内膜症になると考えます。
そのため、体のいたるところで発生している炎症状態を改善し(清熱=せいねつ)、異物を排除する力(解毒=げどく)、体を守る力を高めながら、血流を良くし、子宮内膜症の改善を考えていきます。一人一人の体質に合わせ、陰陽のバランスを考え、体調を整えていくことが大切なポイントです。

滋賀夕刊『漢方薬のおはなし』

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、詳しい原因はまだ解明されていませんが、内分泌ホルモンの異常、糖代謝の異常などが原因となって卵胞の発育障害が起こり、排卵できなくなる症状です。
アンドロゲン高値、LH/FSH≧2、高プロラクチン、インスリン抵抗性、AMH高値などの様子がいくつか当てはまり、卵巣の中に1cmほどの未熟卵胞がネックレス状に並んでいる様子が見られ、排卵困難になります。
多嚢胞性卵巣(PCO)は、遅れがちになりながらも自力排卵がある状況で、いずれにしろ排卵回数が少ないため妊娠困難であり、妊娠したとしてもホルモンバランスが悪く流産率が高いのが特徴です。
また、将来的に生活習慣病になりやすく、卵巣癌、子宮体癌の発病率も通常より高くなるという報告があります。

東洋医学的な考え方では、卵巣が肥厚し、多数の卵胞が見られる状況を「痰濁(たんだく)」と考え、「痰濁」の状況が長く続くことにより血流も悪くなるため、まずはそれらを改善することを中心に対応します。そして、再度同じ状況にならないように、ホルモンバランスを整えていく方法を考えます。
アンドロゲンの高値、高プロラクチン血症、インスリン抵抗性、LH高値は、体質や環境の変化によって改善方法が違うため、その方の体調を整えることによって改善すること、そして自力で排卵できるようになることを目指します。

滋賀夕刊『漢方薬のおはなし』