本陣ロゴ
0749-82-3438

神経障害性疼痛

神経障害性疼痛

痛みには原因がはっきりわかるものと、わかりづらいものがあります。例えばケガした後、傷は治ったのに痛みが残っていたり、ある病気をきっかけに痛みが長く続いていたりという場合は、何らかの原因で神経が障害されて痛みが生じていると考えられます。このような痛みを神経障害性疼痛といいます。

焼けつくような痛み(灼熱痛)、チクチクと刺すような痛み、ビリビリ、ジンジンと電気が走るような痛み、電気ショックを受けたような痛みなどは神経障害性疼痛の場合が多いです。また、触れられただけで強い痛みを感じることもあります。
神経障害性疼痛は市販の鎮痛薬ではほとんど効果がないと言われています。

  • 脊柱管狭窄症やヘルニアなどからの坐骨神経痛
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 糖尿病神経障害に伴う痛み・しびれ
  • 三叉神経痛・神経根圧迫による慢性疼痛
  • 腫瘍によって神経が圧迫された時
  • など

坐骨神経痛はじめ色々な部位、原因の神経の痛みに対して、漢方薬はとても効果が期待できるものです。神経痛が起きている状態を漢方医学的に考え、気血水、臓腑、寒熱、虚実、陰陽を弁証し、最適な薬方を選びます。漢方薬の服用はある程度の期間が必要な場合が多いですが、是非あきらめずに当店の漢方薬をお試し頂きたいと思います。