漢方薬との出会いは、自身の月経不順がきっかけ

薬学部4年生のとき、研究コースでのストレスで 月経が止まってしまいました。 目の前に控えた国家試験、就職とあわただしく、若い私にとって、結婚、 妊娠は非現実的。深く考える機会も無く、月経痛に煩わされることもない この状態が楽だとさえ考えていました。
今でも生理不順の相談を受けるとき、「ここにも昔の私がいる」と思います。 薬学部に4年在籍し、病院に3年間勤務し、婦人科に通院していても、 生理不順の重大さについては自覚していませんでした。 卒業後、私は愛知県の知多市民病院に勤務。その後も月経は無かったのですが、 月経不順で悩んだ記憶があまりありません。それほど無頓着だったのですね。 2年ほど経過しさすがに心配になり、副薬剤部長先生の紹介で他の病院の 婦人科に通った記憶があります。その時の内服薬がクロミッド。その頃の記録を 見ると、生理は来るけど、情けないほどの基礎体温です。その後漢方薬が処方され ました。それにより少し 変わってきました。「漢方薬が効く?」
その頃から私は漢方薬を勉強しようと思い始めたのです。1988年漢方薬の 研究会に月1回通い始めました。
どんなに勉強しても、私の環境の中にはそれを使えるチャ ンスは無く、 話を聞いても机上の理論のようで、現実と離れたもの。漢方の勉強はしても 自分に試さず、やはり生理不順のままでした。

自然薬のおかげで、子供を授かる!

結婚前、子供は出来ないかもしれないと、 崇浩先生(主人)に真顔で言っていた 時期もあり、子供部屋はわざと用意しませんでした。 結婚後服用し始めたのが、若甦など自然薬や、漢方薬。驚くことに、 今まで恥ずかしいくらいの基礎体温が、服用し始めた瞬間から上がり、 そのうちきれいな高温層が出来、こんなにも変わるのかなあと感嘆しました。
そして、神様からのプレゼントだと思っているのですが、崇浩先生が悪くなる 直前に妊娠、その後すぐに崇浩先生は入院生活へ突入しましたから、 本当にラッキーだと思います。私はおなかの子に支えられ、その後の大変な3年間、 心を強くしてがんばれました。

中医学との出会い

お店の方針で日本中医薬研究会に所属し、 大阪まで月1回中国中医師の 研修に通いだしました。それが私の中医学との初めての出会いです。 中医学に出会ったとき、今までの総まとめのような感じを受けました。 昔独身時代に受けた漢方の講義と違い、とても理論的で分かりやすく、 予防と養生を大切にするところや、人間を小宇宙と考え、そのバランスを 取っていく方法が、私の心に自然に溶け込んできました。

国際中医師への道

大阪に研修に通ううち、「国際中医師になりたい」、 日本中医薬研究会の 学術部の努力で、いくつかの条件をクリアーしたら中国政府認定のこの資格試験を 受けることができると聞いたときに、漠然と思ったのです。私はそのとき 小学生の子供を2人持つ母でもあり、様々な研究会に通い勉強する身であり、 これ以上勉強量を増やすことで自分の首を絞めるよう なことはやめようとその 思いを消していました。私にとって大切なことは、今店頭の悩んでいる 人のために勉強することであり、資格を取るために勉強することではない、 そう思っていました。
この資格を取るためには中国中医学大学の教科書と向き合わなければならず、 今まで触れたことも無い簡体字(中国文字)を読むことになり、 かなりな労力になることが想像できました。その労力のわりにあまりに も メリットが少なすぎる。
  そんな私が試験を受ける気持ちになったのは、何時も一緒に勉強させて いただいている先 輩であるK先生の影響です。2年前に資格を取られた 先生に資格を取った利点と意義について尋ねました。
「この資格を持っていないと自分のお客様に対して申し訳ない。そう思って試験を 受けた」K先生からのメッ セージの終わりにそう書かれてありました。 その一言は私の胸に響き、何時も頭から離れなくなり、私にとんでもない 決意をさせたのです。
H17年は長女が受験期に入る。それまでに何とかしよう。 思ったより簡体字の 読解は難しく、小学校の先生の紹介で、中国語を教えておられる中国の方の ところに週1回通い、翻訳を手伝っていただきました。大変な翻訳作業は 遅々としてはかどらず、7月には終了しているはずの作業がまったく 手付かずで、睡魔と闘い、簡体字と格闘し、今から思っても大変な毎日でした。 夫と子供の励まし(ひやかしもふくめて)が無ければ挫折していた かもしれません。10 月の試験1週間前には実家に帰らせてもらい、集中し て問題集を勉強させてもらえたことも大きな助けになりました。そして東京で 台風のさなか試験を終え、帰宅についたときの達成感の大きかったこと! これでぐっすり眠れる。疲れきって帰るのがやっとでした2005年7月初旬、 9ヶ月近く待ったのち、合格の知らせを受けました

不妊周期調節法との出会い

自分の生理不順がきっかけで学び出した漢方薬。 興味は次第に婦人病に 向いていきました。次第に不妊に悩む方の相談も増えてきたのです。 そんな中、1996年発行の読売新聞日曜版、袁世華先生の周期療法について の記事を目にし、漢方の「周期療法」に興味を持つようになり、 徐々に周期療法を取り入れるようになりました。独学に限界を感じていたころ 日本中医薬研究会で2001年4月不妊周期調節法の研修が始まったのです。

夏桂成老中医との出会い

今の私があるのは、2001年に立ちあがった 不妊部会のおかげです。 そのころは毎月送られてくる勉強資料とビデオで、不妊治療に関する 西洋学的な知識と、中医学の知識の習得に専念しました。不妊治療に 今までとは違った奥深さを感じ、今の基盤が作られていきました。
1年間研修を重ねたころ2002年8月、南京中医薬大学付属病院から周期療法の 大家「夏桂成」先生が来日され記念講演が開催されました。 その時の感動は今でも忘れません。先生は、私たちを南京にぜひ 招待したいと言われ、来春、研修に行く約束をさせていただきました。

中国南京での不妊周期調節法の研修

「夏先生の周期調節法研修に参加したい!」 子供はまだ小学生。 1週間私が家を離れることは、お店にとっても、家庭にとっても大きな 負担になります。それでも行きたい!中国でどのように周期療法が おこなわれているか、どれくらい役にたっているかこの目で見て、 自分の進む道を確かめたい。思いは強く、崇浩先生は賛成してくれました。 春の研修を楽しみにしていましたが、SARSの影響で延期、 2003年11月、1回目の南京中医薬大学付属病院研修に参加しました。
南京中医薬大学付属病院は、1日の外来患者が2010年には 1万人になるほどの大病院です。漢方薬による病院ですが、 内科、眼科、循環器科、産婦人科、男科などに分かれています。 特に優れた中医師ばかり集めた、「名医堂」。そこで夏先生は診察されていました
夏桂成先生の診察室での研修は、今私が進んでいる道が間違いではないことを 確信するに十分なものでした。診察室には連日遠方から患者が詰めかけ、 早朝暗いうちから順番を取るために受付の前に並んでいます。夏先生の 周期療法は中国全土に広がり始めていました。夏先生は国にとって大きな功績を 残したという意味で老中医という称号が与えられ、南京中医薬大学付属病院 でも大切にされていたのです。この中国研修が私に与えた影響は大きく、 その後欠かさず毎年、中国研修にいくようになりました。

NPO法人日本不妊カウンセリング 学会認定不妊カウンセラーに

不妊子宝相談をライフスタイルにと思い始め、 不妊相談が増えるに従って、高度な 西洋医学の知識が必要になりました。日本不妊カウンセリング学会の存在を知り、 2005年から研修をうけ勉強会に参加するようになり、2007年6月、 不妊カウンセラーとして認定を受けました。その後毎年不妊カウンセリング学会 などに出席し、最新の西洋医学情報を取得するように努めております。
2001年より不妊相談をライフスタイルにすると決意してから、 たくさんの方と喜びをともにしてきました。そして多くの涙を見てきました。 毎年不妊カウンセリング学会、中国研修、東京、大阪での勉強会、様々な会に 参加するのも、さらに自分の実力を高めるためです。漢方治療率も、妊娠率も 以前よりかなり向上しましたが、まだまだ満足できません。もっと何かできるはず、 もっと幸せになってもらいたい。日々そう思いながら東奔西走しております。 悲しみの涙を前に私を駆り立てるものがあります。1人でも多くの笑顔を見るため、 これからも努力し続けようと思います。