本陣ロゴ
0749-82-3438

相談員紹介

竹内崇浩

竹内 崇浩(たけうち たかひろ)

本陣薬局代表/管理薬剤師
こんにちは!漢方の本陣薬局HPをご覧いただきありがとうございます。
私は20代に3年間の闘病生活を送りました。入退院を繰り返す中で病気に対する治癒力について深く考えるうち、漢方の世界にのめり込みむようになったのです。
漢方薬は東洋医学の理論にのっとりその方の症状や体質に合わせると非常に効果がでるものです。特に糸練功と出会ってからは、漢方の治療成績は飛躍的に上昇し、以前の私では良くできなかった疾患も改善できる例がとても多くなったことを実感しています。
しかしまだまだ人の身体も病気の苦しみも根深く奥深く、毎日が喜びと悔しさの連続です。
地球上でできた病は地球上のもので必ず治せるという信念のもと、一人でも多く方の笑顔が見られるように努力を続けています。
何かお身体でお困りの症状がありましたら是非漢方薬の効果を体験して頂きたいと思います。
担当:皮膚/痛み/自律神経系/その他のお悩み
伝統漢方研究会会員
日本薬局協励会会員
竹内聡

竹内 聡(たけうち さとし)

薬剤師/国際中医専門員/不妊カウンセラー
「あなたに出会えてよかった」「漢方薬に出会えてよかった」 そう思っていただけるよう、心をこめて漢方薬でサポートさせていただきます。
私自身の月経不順をきっかけに、1987年から漢方薬を学び始めました。
日本中医薬研究会不妊専門部会に所属し、婦人病、子宝を中心に相談を担当しております。
今まで多くの子宝で悩む方にお会いし、こんなにも悩みが深く、つらいものだということを痛感し、少しでも役に立てたらと思います。
ご来店いただいたすべてのカップルが、 笑顔でお帰りいただけるように!いつもそのような思いで店頭に立っております。
担当:子宝/各種婦人病
日本中医薬研究会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

中国研修経歴

  • 南京中医薬大学付属病院 婦科 (7回)
  • 広州中医薬大学第一附属病院 婦科
  • 山東中医薬大学付属病院 婦科
  • 成都中医薬大学附属病院 婦科
  • 黒龍江中医薬大学付属医院 婦科
  • 湖南中医薬大学第一附属病院
  • 陜西中医学院附属病院 婦科
  • 厦門中医院 婦科
竹内美香穂

竹内 美香穂(たけうち みかほ)

薬剤師/国際中医専門員
「女性が生き生きと活躍する社会」とよく言われますね。
とっても素敵なことですが、周囲の期待に応えようとするあまり、自分の体を壊してしまう方を多く見受けます。
したいことや、しなければならないことがどんどん増えても、私達人間の体が進化することはありません。
そんな中充実した毎日を過ごすためには、まず元気でいることが必須条件です。
でも、元気でいることは、これがなかなか難しい。
自分が心地良いと感じる毎日を過ごす、そのお手伝いをさせていただけたら、とても幸せです。
担当:月経痛/月経不順/生理前症候群(PMS)/(薬局HP管理)
日本中医薬研究会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

中国研修経歴

  • 北京三芝堂診療所

スタッフ紹介

小橋さん

小橋 真紀(こはし まき)

10年勤めていると顔を覚えていただいて、最近はお店の外でもお声を掛けていただけるようになりました。明るいだけが取り柄の私ですので、悩み事がない様に思われますが、悩みはありますよ(笑)
私が声を大にして言いたいおススメ漢方薬は、風邪・インフルエンザ予防の板藍茶と衛益顆粒です。
19歳の息子は、風邪かな・・・と思ったら自らこのセットを飲むようになり、風邪を引きにくくなりました。
板藍のど飴は手軽で重宝します!
神田さん

神田 美佐枝(かんだ みさえ)

40代、50代と年を重ねる度に感じる体調の変化に向き合うことができたのは、漢方のおかげです。
主人と一緒に冠元顆粒、麦味参顆粒、衛益顆粒と、体調に合わせて飲んでいます。
笑顔がいっぱいのスタッフのみんなと「ありがとう」の気持ちを大切に、頑張っていきたいと思います。
武友さん

武友 美佳(たけとも みか)

お客様にわかりやすく、見やすいPOP、チラシ作りをがんばっています。
親子共に大のパンダ好きで、風邪予防の為、子供と一緒にパンダ印の衛益顆粒、板藍茶を飲んでいます。
板藍のど飴はいつもかばんに入っています。
青木さん

青木 久美子(あおき くみこ)

私が漢方薬に出会ったのは、食事に気をつけるようになった頃です。
今は、自発的に食事や漢方薬で健康管理ができるようになることが目標です。
朝ドラを欠かさず見ていますが、「地道にコツコツ」(←ご存知ですか?)が大事だなぁ、と思います。
冠元顆粒、頂調顆粒など・・・頭痛に効く漢方薬はいくつもありますが、その時のタイプによって選んで飲んでいます。