この記事は約 2 分で読めます。

Aさんは5ヶ月前から来店です。
頭部の脂漏性湿疹で、3年前から症状が出たり、治まったりの繰り返しです。
ここ一年半ぐらいは医院よりステロイドのローションを処方され、使われていました。

見てみると、前頭部に頭全体の3分の1ぐらいの広範囲で赤みがかった皮膚炎があり、その上一面に脂漏からくる鱗屑と痂皮(かさぶた)がこってりとついています。
典型的な脂漏性湿疹です。

Aさんはお若く健康そうな方ですが、ストレスが胃腸にくるとのことでした。
脂っこいものをひかえてもらうこと、特にスナック菓子などは良くないこと、また緑の野菜を積極的に摂るようにしてもらうことをお話しました。
そして糸錬功で確認して清熱・補血・活血の働きのある漢方薬をお飲みいただきました。

2ヶ月ぐらいしたときですが、養生指導が足りなかったのか、糸錬功の合数は順調に改善しているのですが、
頭部の皮膚に厚さ3~4ミリはあろうかというぐらいの鱗屑と痂皮がべったり張り付いています困った

お聞きしてみるとシャンプーを週一回ぐらいしかしてないとか・・・(-_-;)
シャンプーのときかさぶたと髪の毛がかたまって、ごぼっと抜けてしまうため、シャンプーをひかえられたそうですね。
早速、お風呂に行く前にベビーオイルをつけ、シャンプーを毎日してもらうようにしました。

現在5ヶ月めになりますが、ほんのわずかに紅班がある程度で、ほとんど他の皮膚と変わらないぐらいに改善しております。

皮膚病があると洗うのを控える方が良くありますが、逆効果です。
皮膚は汗や脂、汚れを落として清潔にしないと治りにくくなるばかりか、二次感染など他の皮膚病ができてしまうこともあります。
Aさんの場合は、ごってりとかさぶたが覆ってしまって、頭皮が窒息状態になってしまっていました。悲しい
これではよけい髪の毛も抜けてしまいますよね。

9c797669.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします