この記事は約 2 分で読めます。

今日は私の予約の方が少なかったです(-.-)

(サト先生はあいかわらずでしたけど・・・)

キャンセルや変更が重なることがあるのですよね。

漢方薬は2、3週の間隔で作ることが多く、実は叔母の葬儀が水曜だったので、水曜の方を変更いただいたこともあり少なくなりました。

お陰でチャイナビューや滋賀夕刊の原稿を書くことができました。

ご存じかも知れませんが、滋賀夕刊はサト先生と私が交互に書いています。

以前はどちらかというと私の方が多かったのですが、最近は何か特別なことがない限り、かわりばんこです。

今月は私の担当です。

伊香版はもう76回になるので、6年以上になるのですね。

交代なので続けられているのかも・・・

今回はめまいを取り上げました。

原稿に書きましたが、脳血管障害や貧血、高血圧などの器質性のものでなく、

病院の検査で原因がよくわからないめまいも漢方薬は得意です。

東洋医学的な原因で一番多いのは水飲、痰湿ですね。

でも原因がいくつかからんでいることもあるので、そこの見極めをしっかりとしないといけません。

糸練功はそんなとき便利で、処方が先にわかるため原因を推測することができます。

多くの方は水分取りすぎが悪影響になっている場合が多いです。

ビールガブガブなんてのはもちろんなのですが、

水飲み健康法の弊害もあると思いますネ。

日本は四方を海に囲まれている上に、この滋賀県は琵琶湖があるため結構湿気は多いのです。

それにガブガブ水分をのめば水毒になりますよ。

体の中で代謝しきれない余分な水分が、色んな病の原因になることがありますすからご注意くださいネ。

a3d4dda1.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします