この記事は約 3 分で読めます。

更新がしばらくできず、申し訳ありませんでした。

井上選手といっしょに引退・・・ではありません。

(そんなえーもんとちゃう!っちゅうに)

連休はブログもお休みいただいてっと思ったら

連休明け、さすがに忙しく・・・

そして、土曜はPTA総会、懇親会熱燗

日曜も滋賀協励会の役員会、懇親会と連日続き・・・

爆笑ネタがないわけではありませんが、(というより、いっぱいあるのですが)

さすがにブログでは書けんやろ!っちゅうファンキーなネタばかりで・・・(^_^;)

そうそう、先日の懇親会ですが、うっかりお酒の前の漢方薬を飲むのを忘れて行ってしまいました。

いつも、飲み会があると忘れず飲んでいくので、当たり前のようになっていたのですが・・・

飲んで行かなかったら

全然ちがうのです!!!

私はもともと、HPにもアップしてあるように肝臓を患っていましたので

お酒はあまり飲みません

(というより、今でも本当は飲んではいけないのかもしれない・・・ドクロ

飲み会でそれなりに飲むっていう程度です。

PTA懇親会

一応会長なので、先生方がお酒をつぎに来て下さいます。

その場では普段の飲み会と変わらない感じで、飲む量もそれほど多くはなかったと思うのです。

懇親会が済んで、家に帰って、眠くなったので1時間ぐらいうとうとしました。

目が覚めたら

頭がガンガン、もうそりゃひどい頭痛で・・・

それから2時間ぐらい、痛くて眠れませんでした。

結構飲んだ時は、気持ち悪くなったり、もちろんヘベレケになったりするのですが、頭痛がすることはあまりなかったのです。

それが・・・本当に苦しみましたよ。アウト

で、普段飲み会でお世話になる漢方薬が、本当に効いているということをつくづく実感しました。

お客様にも 

飲んでいくと二日酔いを全然しないって言う方が多いのですが

ほんとになるほど!です。

ところで、メモ

飲んだお酒は胃、小腸から吸収されます。

そして肝臓のアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドがさらに酢酸に分解され、

酢酸が最後に水と二酸化炭素に分解されて無毒化されます。

この中間代謝物であるアセトアルデヒドが分解されずに体内にたくさんたまってくると、気分悪くなり、いわゆる二日酔い症状が起きることになります。

私はこれがたまりまくってたのでしょうね。

漢方薬を飲んでおくと二日酔いがないというのは

西洋医学的には

この代謝過程の酵素の働きを活性化するのでしょうネ。OK

漢方薬ですが

漢方処方では五苓散や黄解散なんかがよく使われますが

私が自分で飲むのは、簡単に

長城清心丸、コウゼン顆粒、霊茸

などです。

あとミラグレーンもよく効きますネ

今度は必ず漢方薬を飲んでいくようにしますよ笑顔

60451b51.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします