この記事は約 2 分で読めます。

このブログをお読みの方は、正直なところサト先生ブログからのリンクで来られる方が多いです。(^_^;)

なので、滋賀県北部の方は新聞折り込みのフリーペーパー「ウオッチ」を御存じだと思います。

うちもサト先生の子宝相談の紹介が出ていますが、そのウオッチの中で、毎号楽しみにしているのが「世間に物申すヒト」のコーナーです。

結構過激なことや、変態オヤジみたいな時もありますけどネ困った

あれ、友人です。

ウオッチへの広告も、世間に物申すヒトからの紹介でした。

今度の6月号はとってもいいこと書いてますよ。

その中で

「自分のコピーロボットが3人いたら・・・」

ってありますけど、そうなんですよね。

きっと経営者なら  というより、だれでもそうなのかも知れませんが

自分がもう一人ほしい・・・

私も昔はよく思ったことがあります。

一番がんばっているのは自分だっ!!  てね。

みんな、一生懸命がんばってるのですよね。

今、もし自分がもう一人いたら・・・

ハハッ・・・うっとうしくてしょうがない(^_^;)

いらんですよ、自分がもう一人なんて、

ぞっとします!

話違いますが、

「青は藍より出でて藍より青し」

って、彼は柄にもないことわざを引用しておりますが(^_^;)

(ことわざに関しては、ウオッチをご覧下さいネ)

藍っていうと!  (宮里藍ってか笑顔

藍色の染料ですが、植物としては色んな種類があるようですね。

染料の世界で有名なのはタデ科の植物のようですが、

漢方の世界ではアブラナ科の藍が有名です。

松藍(しょうらんと読みます)ですね

そうです、漢方薬の「板藍根」(ばんらんこん)です。

抗ウイルス作用のある生薬で、もう何回もブログでも、滋賀夕刊でも紹介しています。

冬のかぜのシーズン大活躍してくれるのですが、

結構今月も使いました。

特に連休前後のかぜの方、多かったですからね(私を含め(^_^;)

ウイルスをやっつけてくれる働きなので

夏かぜ、胃腸かぜにもとってもよいのです。

特にこれからの時期のかぜは

勝湿顆粒といっしょに板藍茶を服用するのが効果的です。

是非、おうちの薬箱には常備しておいてくださいね。

9dd6cf73.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします