この記事は約 3 分で読めます。

サト先生のブログを久しぶりに読んでみたら

おーーーっとーーー!!

これは  重い・・・

書いてますね。

確かに昨年は私たちにとって本当に大きな、大きな出来事がありました。

怪我から入院中のことについては、結構私がブログにアップしましたが

(私は性格上、すぐにお笑い系に持って行きたくなるのですが^^;)

母であるサト先生は、本当に精神的にも大変だったことと思います。

結局、おぼっちゃまは

昨年の全中スキー大会の最終日、衝突事故で大腿骨骨折

翌日手術後、2か月間入院

そして30cm以上ある金属棒をいれたまま7か月を過ごして

9月に金属棒抜去手術、2週間入院

退院後、10月からリハビリ

って感じで過ごしました。

結局、今年は無事復帰できて、全国大会にも出場することができたのですが

一番大変だったのは、秋からのリハビリでした。

金属棒が入っている間は運動も問題なくできたのですが、

主治医の先生から、金属棒を抜いてからが再骨折の可能性が高いので・・・

っておどかされてましたから

これね、先生も先生なのですよね

夏休み中に抜こうって話もあったのです

先生に聞いたら、全然大丈夫!! 問題ないですよ!!

冬も十分間に合います!!

ってめっちゃ軽いノリ(@_@)

運動会のこととか色々予定もあるので、9月に手術って決めて

いざ、手術の前の外来で

じゃあ、抜きますか、賭けてみますか!  

本当は1年ぐらい、金属棒は入れておくことが多いのですけど

まあ、子供ですから、回復早いですし、

賭けてみましょう!!  って

  \(◎o◎)/!

賭けるって、いったい何をかけるの??

全然大丈夫っていってたやん・・・・

手術入院3日前になんてことを・・・困った

ってな感じのイージーなとっても良い先生です。(^。^)

この先生、実はおぼっちゃま小学5年生のときに、手首にヒビが入ってしまったことがありました。
その5日後から、スキーの遠征合宿が決まっていたのです。
これは合宿は無理かと思ったのですが、先生、いとも簡単に、サポーターしていけばいいですよって。

今シーズン復帰できたのはこの先生のイージーさのおかげかも・・・(^_^;)

10月にジョギングの許可が出てからは、恐る恐るのリハビリだったのです。

とりあえず今日はグランド軽く1周、次の日は1.5周

次の日、足が痛くなったら休みってな具合です。

それでも冬はもうすぐ、12月には間に合うようにしなければなりません。

そんなこんなで、11月中旬に県の強化練習会で岐阜県へ雪上トレーニング。

(実は先生からはスキー板をはくのは12月になってから、といわれていたのですが、おぼっちゃまが絶対大丈夫というもので・・・(^_^;)
県連のコーチも本当にこわごわだったそうですけどね)

で、トレーニングから元気に帰ってきたとき、

なんか私も本当に肩の荷が降りたなって感じで安心して、もうシーズン終わったみたいに力がぬけてしまいましたよ。

(おぼっちゃまにとっては、これからがシーズンの始まりなのですが・・・

スキーのコーチをするわけではない私ができることは、ここまでなので)

そして

昨年2月4日で止まった時計の針 を

進めるためのシーズンが始まりました。

つづく・・・

5c2833e0.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします