この記事は約 2 分で読めます。

GWの後、とても忙しく、GW中のことがアップできませんでした。

今日はGWとは関係なく、このブログをご覧の方々の緊急のお願いがあります。

ブログをご覧の方はPCを使っておられる方なので、ご存じのことと思いますが

この6月1日より薬事法が改正されます。

その省令のひとつに

「医薬品(第3類以外)の宅配など郵送による販売が禁止」

というのがあるのです。
(漢方薬はほとんどが第2類となり、郵送が禁止されてしまいます)

この省令の元々の発端は

「無分別な購入・販売を助長する医薬品のインターネット販売は、安全性に問題があるため規制しよう」という議論でした。

それがいつのまにか、ネット販売規制の手段として、医薬品の郵送全般を規制するという内容に突然変わってしまったのです。

これに対し、漢方薬の郵送をやめないでほしいという方々の声により

「漢方薬など医薬品郵送販売継続を守る会」

を2月22日に発足し、署名活動やマスコミの取材を受けたり、参議院委員会で舛添厚生労働大臣へ質問するなどの運動を展開しました。

そしてこの5月13日に新省令として

「現在服用中の薬のみ、今後2年間に限り郵送を認める」

という一時しのぎの救済措置案が出されたのです。

これについて5月18日まで、パブリックコメント(意見募集)を行い、厚労省がそれを集約して、5月末に最終検討会が開かれ、6月1日より新法が施行されるという状況です。

黙っていたら6月1日より全く漢方薬が送れなくなってしまうところだったので、運動の一応の成果とも言えるのですが、

大きな問題は

・郵送できるのは今後2年間のみ

・それも現在服用中の薬のみ、処方を変更などすれば送ることができない

ということです。

この省令に対し、私たち「漢方薬など医薬品郵送販売継続を守る会」は
反対意見としてできるだけ多くのパブリックコメントを出したいと思っています。

どうか、ブログご覧の皆様でご賛同いただける方は、パブリックコメントの送信をお願いできないでしょうか。

今回、5月18日(月)までの期限ということで、政府も前例のない短期間の意見募集です。

どうか何卒よろしくお願い申し上げます。

また、ご賛同いただけるお知り合い、ご友人の方等にもお声掛けいただければと思います。

以下クリックして下さい

何卒よろしくお願いしますm(__)m

パブリックコメント募集のページ

パブリックコメント入力・送信のページ

ca4d182b.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします