この記事は約 3 分で読めます。

みなさま、ありがとうございます。

早速パブリックコメント送りました とか

ご自分の思いをお書きいただいたり・・・

たくさんの方からメールいただきました。

先日、お薬をお送りしている方にはお手紙を送ったのですが

ひとり住まいのおばあちゃんから、電話をいただきました。

「パブリっちゅうの送りたいんやけど、FAXないし、郵便では18日に間に合わんし、どうしたらええんやろ?」って

この方は電車でお越しいただいていたのですが、心臓と足が悪く、自宅から駅までも遠く、階段の昇り降りも難しいため、最近は宅配でお送りしていました。

ありがとうございます。

ちゃんとお気持ちは代理でお届けしますから。

全国にはこんな方がいっぱいおられます。

サト先生の子宝相談は遠方の方がとても多いです。

近くには行きたくないですよね、また近くにはしっかりカウンセリングしてくれるところがないかもしれません

できるだけ予約とって来ていただいておりますが、色んな事情で来れないときがあります。

仕事の事情、家庭の事情、また体調がすぐれないとき、残念ながら流産されてしまった時(これは来てはいけません、しばらく安静です)等・・・

送ることがある方は一部ですが

今回の法改正は、そんな方をすべて切り捨ててしまうようなものです

そもそも今回の法改正は、インターネット販売での無分別な医薬品の販売・購入に対して、薬害もでていることから、安全性確保のために規制をしようというものでした。

完全に規制するには郵送販売自体を規制してしまうのが手っ取り早いやり方ということだったんでしょうね。

この法律の作成に関して有識者等20人の委員会で決めたらしいのですが

もちろんその中に、我々の漢方相談薬局の代表は入っていません。

委員会を立ちあげるにあたって、最初から私たちのような相談販売をしている薬局の存在自体知られていなかったのでしょうね。

ですから、この法律によってどれだけの人が困ることになるのか、困る人がどんな人なのか、わかっていなかったのでしょう。

4月末の参議院委員会において、舛添大臣に漢方相談薬局の立場からかなり突っ込んだ質問をされましたが、

その結果が、この一時しのぎ措置では、まだまだわかってもらってないとしかいいようがありません。

6月1日から施行される法律に2週間前になって、すったもんだやっているというのもどうかと思いますけど

ここで声を上げないと、私たちを信用してご利用いただいている方々に申し訳が立ちませんから!

同業者の方へ

沈黙しているというのは、それを認めるということなのですよ!

反対なら反対ってちゃんといいましょうよ!

5月18日(月)期限です

よろしくお願い申し上げますm(__)m

パブリックコメント募集のページ

パブリックコメント入力・送信のページ

c70d4802.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします