この記事は約 2 分で読めます。

クローバー T様とのお付き合いはもう3年ほどにもなります。最初は本当に苦しそうな御様子で来店されました。何処までお手伝いできるか、あまりにもたくさんの体の不調で落ち込み、私も戸惑うくらいでした。
 
とにかく毎日、胸の痛みで、奥様にマッサージをしていただかなければ、つらくて眠られないということと悲しい、鼻のつまりで、点鼻薬を肌身離さず持ち歩いてられる状態だったのです。

 漢方薬も、少しでも胃腸にきついものや、作用がきついものを服用していただくと、過反応として、歯茎がはれたり、胃腸が堪えたりします。

本当に慎重に慎重に漢方薬を選ばせていただきました。Tさまはとても一生懸命服用してくださったのです

そして今日もお見えになられました。完全に治った状態ではないですが、狭心痛はよっぽどのときでしか起きず、鼻詰まりも、夜気になる程度。よくニトロも服用されていましたが、今ではそんなこともなくなり、病院のお薬もぐんと減りました。。笑顔

私もこの間大変色々な勉強をさせていただきました。

T様とお会いする1年ほど前から、とてもお世話になっている薬局の先生のご好意でハート、京都民医連吉祥院病院の元院長である、橋本雅弘先生との勉強会に京都まで通わせていただき、ちょうど循環器系中心であったため、大変役に立ちました電球。そこでとても深く、循環器系のことについて、最新治療法や、検査基準値などを教わっていたため、状況判断に役に立ったのです。

いろいろなことが良いほうに重なったのだと思います。もう少しお元気になっていただけたらなあと思いますし、できたら、もっと熟睡していただけるようになるとよいと思うのですが、一生懸命服用してくださる、T様のためにも、さらに知識を深めたいと思っております。

橋本先生も素晴らしい先生で、T様のことについて、心配して、何度も詳しい資料を基にしたお手紙をいただきました。

T様、これからはゆっくりして、お体を自分で痛めつけるようなことはやめ、お大事にしていただけたらと思いますクローバー

 

  家漢方の本陣薬局