今日はとても寒くなりました。最近やっと雪が解けてきて安心してたのだけれど悲しい
東京は雪が積もったようですね。もう春が待ち遠しい私ですチューリップ

今日はクロミフェンの話の2回目。

普通クロミッドなどは周期5日目から5日間服用しますよね。
その間、卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きは止まるわけです。

卵胞ホルモンの働きは、色々大事なことをやってくれますが、大きな仕事は、子宮内膜作りつまり、
赤ちゃんのベッド作りをしてくれます。

子宮内膜の基礎が作られる日にちは平均9日ほどです。

そうなんです。たった9日です。

この9日のうちクロミッドを5日服用したら、その間子宮の内膜は作られませんので、残りたった4日間子宮内膜の基礎を作らなければならないことになります。

  家漢方の本陣薬局                                                                                                                                      

応援して下さる方ポチっとして下さいネクローバー人気ブログランキング


それでもとりあえず、いつもより巨大化した卵から出るエストロゲンが、いつもよりも多い量のため、残り4日で体裁は整えるらしいですが、それでも完全ではありません!

普通で考えたって、そうですよね。急いで作った家と、
丁寧に作った家とでは違います!

今テレビで話題になっている、手抜き工事と同じだと思います。
自然というのはそんな甘いものではないと私は思うのです。

でもそれは私の理論であって、人間の内膜を取り出すわけにもいかないし、
実際はどうなんだろうぐらいにしかわかりませんでした。

内膜が薄くなるののは事実なのですが、その予防策に、黄体ホルモンを使って厚くする方法もあり、手抜き工事の行方が実際どうかは良くわからなかったのです。

去年10月に不妊カウンセラー養成講座に行って「ピノポド」という言葉を聞いて、
大きな原因がそこにあるかもしれないと思いました。

次回はそのことにふれたいと思います

  家漢方の本陣薬局                                                                                                                                      

この記事を書いた人

竹内 美香穂
漢方相談専門の薬剤師です。薬学部卒業後、東京の漢方薬局にて修行し、多くの女性とお悩みを共有してきました。得意分野は妊活と婦人科疾患。ストレス社会に負けず「自分が心地良いと感じる毎日を過ごす」お手伝いをいたします。担当:子宝/プレ妊活/各種婦人病/女性の体質改善など/Twitter:@mikaho_takeuchi/Instagram:mi_kampo