もう少し、クロミフェン(クロミッド)についてお話します。
昨日までのお話しのとおり、ちょっと複雑な原因でクロミッドが思ったほど効果がない理由がいくつかあるのは確かです。
 それでも全く自分の力で卵が大きくならない方にとっては、救いの手なのも確かです。私も全く否定をしているわけではありません。
 
 ただ厄介なのは、何回か服用するうち、卵巣への過剰な刺激のために、卵巣が鈍感になり、うまく働いてくれなくなることです。ホルモンを操作するのですから、当たり前のことですよね。同じような例として、アトピーに使うステロイドの話はとても有名ですよね。

1年ほどで運良く授かる方は、本当に幸せだと思います。
問題なのはだめだった方です

  家漢方の本陣薬局                                                                                                                                      

応援して下さる方ポチっとして下さいネクローバー人気ブログランキング


不妊治療を始めるときに、専門の不妊カウンセラーに話を聞いておかないと、このようなことを知らずに、治療を受けているケースも多く見られます。
 
そしてだんだん反応しなくなる体を前に、治療が進み、それでも妊娠される方はよいのですが、妊娠しない場合、治療前よりも妊娠しにくくなっている自分の体の状態に,呆然とするケースも多いのです

大事なことは、きちんとしたことを理解してから、治療を受けることですね。
自分の体なのですから、自分で守らなければいけません。

色々考え、副作用も分かった上で、自分で決断して治療を受けることが大事です。
そしてそういった情報がきちんと知らせていただけるような病院を選ぶことが必要ですよね。
今は少しずつ、しっかり話をして下さり、サポートをなるべくしようとしている病院もできてきています。病院選びは大事ですね。

  家漢方の本陣薬局