この記事は約 3 分で読めます。

今日はテレビ会議の日でした。
夜8時から、始まる会議で、アドバイザーはお馴染みの陳志清先生。
主題は子宮内膜症を持った不妊症例
同じ子宮内膜症でも、中医学ではケアの仕方が違います。
胃腸が弱いとき、
痛みが強いとき、
かなり冷え性のときなど・・・

血液の流れを良くすることを大事にしなければいけないとき、
暖めてあげることが大事なとき、
胃腸を丈夫にしなければならないとき。

一人ひとり本当にケアの仕方が違い、さじ加減の大事さを改めて認識しました。
うーん・・・・・疲れましたが、またまた勉強になりました。
グループの先生方、ありがとうございます。
本日も時間オーバーで10時まででした。やっと今、晩御飯を食べました落ち込み

今日の症例は、とにかく普段から痛みがあり、月経痛がひどく、卵巣嚢腫の術後も痛みが取れないときの場合です。

爽月宝を使い、暖めるために参茸補血丸などを使うのですが、
初心に帰った気持ちでした。

ところで、月経痛のことについて、
昨日来られた若い女性から聞いたのですが、
結構、月経痛にイブを服用することが、当たり前になっているのだとか。
そのことに対してはあまり心配していないとか・・・・・・びっくり

そして、必ずハンドバックに携帯していて、
いつでも服用できるようになっているとか・・・びっくり

それは大変怖い事です困った

  家漢方の本陣薬局                                                                                                                                      

応援して下さる方いつもこちらのクリックありがとうございますキラキラクローバー人気ブログランキングへ


月経期は、中医学で考えると暖めてあげなければなりません。

体が適当に温かいと、酵素やホルモンが正常に働いて、
子宮内膜の分解がスムーズに起こり、きれいに排泄されやすくなります。
そして、子宮の中はきれいになり、準備を整えるのです。

このときに、冷えていたり、血液の流れが悪かったりすると、
子宮内膜はうまく排泄されず、さまざまな病気の原因となると考えられています。

ただでさえ、出血していますから、月経中は普段よりも免疫力が低下します。
体の弱っている方は、月経ごとに風邪を引く方もおられるくらいです。

体温が1度下がると免疫力は半分になるということをご存知でしょうか。

鎮痛剤は、痛みを止めるだけでなく、体温も下げてしまいます。

ただでさえ免疫の下がる月経期に、さらに鎮痛剤で体温を下げることは、
体にとって大打撃ですショック
色々な婦人病の素だと思います

まず原因となることを取り除き、きちんと養生して、
それでもだめなら、漢方薬を服用してみましょう。

それでもどうしてもつらいときに、少しだけ鎮痛剤に頼ることも考える。
(私は絶対いやですけど。今のところ、十数年服用せずに何とかこれました)

それくらいの気持ちでいていただけたら、
もっといろいろな病気の予防ができるのでしょうね。

  家漢方の本陣薬局