この記事は約 2 分で読めます。

今日は京都出張でした。
 本当に毎日ハードです汗

 でも無理を押しての今日の出張は有意義でした笑顔
 不妊部会でおなじみの劉伶先生の講義だったからです
 
  69b98aa5.jpg

  女性の子宮にかかわる排泄作用は
  
   月経(生理)お産です。

  月経の排泄のために、月経痛があり、
  お産のために陣痛があります。

   どちらも子宮の収縮により
  起こるのですが、 

 

 血液の流れが良いと、 均等に収縮するため月経痛が無いが、
 血液の流れが悪いと、子宮が変に収縮して、
 痛みとなると、話されました。
 大げさに言えばねじれて、絞って、痛いんだと・・・

 筋肉が収縮するときに、血管が絞られ、血液の流れが悪いと、
 痛みとなって感じやすくなる・・・

 なるほど、分かりやすい表現です。
 

 今日は周期療法応用編でしたが、
 上記写真のパターンは血液の流れが悪い人の月経期の体温のパターンです。

 これは、私達不妊部会では良く取り上げられるタイプで、
 それぞれの特徴により、対処法が違います。

 一番上のBBTは、子宮内膜症、子宮筋腫に本当に多いですね。
 次回は子宮内膜症について少しふれたいと思います。

ランキングに参加しております。参考になった、もっと続けて欲しいと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔