この記事は約 2 分で読めます。

最近難しいお話が続いているので、お店でのお話をしましょう。

私の大事なお客様のお話です。
彼女は42歳。
結婚が遅かったので、不妊歴は年齢の割には短いですが、
悩みは同じです。
彼女は最近病院を変えました。
大変親切で評判の良い病院だといううわさを聞いて・・
その病院はウワサどおりのところ。
丁寧な説明、無理のない治療計画・・・
本当に評判どおり・・・

でもその先生から出た言葉は
「あと2年早く来てくれたらよかったのに」・・・・

この言葉は
言ってはいけない言葉だと思います。

その2年の彼女のやってきたことをすべて否定してしまうかもしれない言葉
本音はそうかもしれない。

でも彼女も一生懸命2年間やってきたのです。

その道が間違っていたか正しかったかなんて、
簡単に分かるものではありません。

その言葉を言われた本人は、
悩み苦しむでしょう。

後悔に苛まれるでしょう。

私もうっかりすると言いそうになる言葉ですが、
あくまでもそれはこちらの言い分。

彼女にかける言葉、それは

「やっとここに来たね。色々大変だったね。頑張っていたんだね」

なんです。

Mさん。貴方はどの道も一生懸命やってきたんだから、
それでよかったんです。

その道が、貴方にとって与えられた道だったんですよ。

どの道だって無駄な道はないのです。

いつも言っていますが
反省することはあっても、
後悔してはいけません。

まだ大丈夫、一緒に前に進んで行きましょうね。


ランキングに参加しております。ブログをもっと続けて欲しいと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔