この記事は約 2 分で読めます。

留まることを知らず
流れること水の如し・・・・硬くなった子宮内膜もふわふわに・・・

中医学には、破血という言葉があります。

破血とは、血を破る・・つまり、凝集して固まってしまっているような血液を、破り融かす作用のことを表現します。

凝集した血液の塊とは、腫瘍、筋腫、卵巣嚢腫、血栓、動脈硬化のような状態です。

活血作用(血液の流れを良くする)と少し違う働きで、血栓にさらに強力に働きます。

その性質を利用して、活血効果のあるものと併用することにより、
上記の病の治療にとても効果的に働きます。

糖尿病は、血液がどろどろになり血管が硬くなって
組織がダメになっていく病気です。
たいした症状がないうちに、
 心臓、脳、眼、手足が病んでいき、機能しなくなります。

中国の病院では、糖尿病の治療に水蛭(すいてつ)製剤を使います。

水蛭には非常に強力な破血効果があり、詰まりかかっている微小循環の血栓を融かし、改善する働きがあるからです。

他にも、あらゆる腫瘍、筋腫、卵巣嚢腫など、血栓があり凝集しているような病気に使われています。

今まで、水蛭製剤は日本になく、それに代わる強力な作用を持ったものもありませんでしたが、

水のように流れる血液で、快くなっていただきたい・・願いをこめて名付けられた、
水蛭のはいった「水蛭製剤」が日本でも扱われるようになったのは、とても嬉しいことです。

硬くなったものをやわらかくする目的で使われる水蛭ですから、
先日の勉強会でも、
年齢によって硬くなりつつある子宮内膜も、ふわふわに柔らかくしてくれるのではと話題になりました。

いずれにしろ、糖尿病だけでなく、高齢者の不妊の方にとっても、嬉しいものになりそうです。
ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔