この記事は約 2 分で読めます。

先日は、Fさんありがとうございます!きゅうりもキャベツもとっても助かりました!

早速おいしいサラダにしましたよ!

取れたて新鮮野菜ですから!

お嬢さんの頃からお付き合いさせていただいているSさん

もう小さい女の子のお母さんです。

お母さんの肌も弱かったのですが、お子さんもよく皮膚の調子が悪くなり、
何かと頼ってきて下さいます。

先日突然お越しになり、

「今日この子の腕のところが調子が悪くて、皮膚科に連れて行ったのですが、
 その先生が、
 
『今までかかっていた小児科の先生のやり方は間違っている。
  
この子の皮膚炎は、免疫がつくまでステロイド剤をきちんと塗らないとだめだ。

中途半端な塗り方をしててもいつまでも治らない怒

 と言われました。

 小児科の先生は、なるべくステロイドは使わないほうがいいと 言っておられたし

(ここでもそう聞いていたから)がんばってきたのに、
 
 どうしていいかわからなくて・・」

 そう言って、こらえきれずみるみる涙があふれてこられました。

 いったいどういうことでしょう!

サトは別の相談中でしたけど、久しぶりに感情的になりそうな自分を抑えるのに苦労しました怒り

腕をみさせて頂いても、曲げるところがかさついて、赤くなっていますが、
ただれるほどではなく、

少し前まで、目の回りが酷くかさついて赤くなっていましたが、
今はとてもきれいになっています。

 皮膚科の先生は、もしかしたら違う意味でお話されたかもしれません。

 しかし、ここにこうしてどうしたらいいかわからなくて、お見えになり、苦しんでおられるのですから、
決していいアドバイスだったとは思えません。

「今までのやり方が全く間違いとは、私は思いません。実際きれいになられてきたのだから・・」

そうお話をして
しばらくして、少し落ちつかれ、ピオクリーンとB2クリームを買って帰られました。

その後も、サトの胸はモヤモヤ・・落ち込み
どうしてこんなことが起こるのでしょう・・・


ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔