この記事は約 2 分で読めます。

テレビ会議の日はいつも大変遅くなります。

先日火曜日の帰宅は深夜0時落ち込み

さすがに家に帰ってから食べる晩御飯はくたくた状態で

味を感じませんでした。

でも、テレビ会議ではいろいろなことを学ぶことが出来、

勇気付けられることが出来、大変貴重な時間です。

今回は2人の症例についての話し合いでした。

そのうちの1人は

40歳以上、プロラクチンが40以上で排卵が早い例でした

最近サトの店でも増えてきたのが40歳以上の不妊相談です。

不妊カウンセラーの講座では43歳を越えると、

妊娠はしても流産の可能性が高いので

出産までたどり着くことは大変困難だと言われています

漢方薬はその年齢の限度を引き上げる力を持っていると思います。

事実40以上で不妊治療を長くやってきて全く授からなかった方が、

(そうなると卵さえもできなくなるのですが)

漢方薬を服用し始めて妊娠出産まで行ったケースを経験していますし、

本人さんからは報告が無かったのですが

46くらいの方で、サトのところで漢方薬を服用されめでたく妊娠

出産?した方があるとかで、そのうわさを聞いて相談に来られた方が見えました。

(心当たりの方は是非お知らせください!とても参考になりますから)

40歳以上になると、ホルモンの数値がストレスや過労により

とても変動しやすくなり、ホルモン治療によっても変動が激しくなり、

不妊治療が難しくなってきます。

体温が全体的に上がりやすくなり、排卵が早まり周期が短くなってきたら要注意です。

卵巣が疲れているシグナルですから、治療を休む勇気が時に必要です。

カウフマン療法をするのも大事な場合がありますが、体温が高いときには

卵巣に負担をかけて卵の質を悪くする恐れがあるからです。

6月に不妊部会のスクーリングがありますが、

題材はやはり40歳以上の不妊症例。

たくさん宿題が出ましたので、ピッチを上げて取り組もうと思います。

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔