この記事は約 2 分で読めます。

先日京都の勉強会に参加したあと

京都駅の一角で「フェアトレード」のコーナーに出会いました

少しだけ時間があったので、立ち寄ることに・・・・

以前アグネスのアフリカ難民の子供達の話を聞き、

今でもその内容が脳裏に焼きつき、1年に2回ユニセフに募金をして

たとえ焼き石に水でも、それで何人かが助かるならなんて思っていますが、

「フェアトレード」はちょっと違うのですね。c7e528cf.jpg

とても可愛い手作りカードが並び、

原料は天然のもの。

1枚280円でしたが、決して高いとは思わないほど丁寧な作り方で、

とてもかわいらしいものでした。

フェアトレードのの意味は

従来の募金とは違い

価値のある商品にそれに合う金額を支払うことにより、

その品物を作った生産者の誇りを保ち、

しかも生活を支えることになること。

このカードを1枚作るのに1時間かかるそうです。

本当に心のこもった素敵なカードでした。

1枚買うことにより、

生産者にお米が約1キログラム購入出来る収入があるそうです

このカードに支払う280円は決して高くはないし、

生産者の誇りと自信を取り戻し、生活を助けることにつながると思うと

募金をしたときとは違う気持ちになることが出来ました。

「プチボラ」

という言葉を聞いた事がありますが、

自分に合ったボランティアをいつも忘れずに心がけれたらと思います。

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔