この記事は約 2 分で読めます。

子宮内膜が薄い原因として、特に今回力を入れてお話されたのは

D&C・・・つまり、人工中絶などの子宮内膜の処置の方法についてです。

c2c2dfee.jpg

東口先生は、処置のときに使う道具をわざわざ札幌から持参していただき

私達一人一人にまわして見せて下さいました。

幅1センチ弱ほどの子宮の大きさにしてはとても大きく見える道具で

実際に処置するときはどうやって行なうかお話されました。

産婦人科医になって一番緊張した処置が、

この道具を使って初めて処置をしたときだそうです。

先輩の医師から、

ゴリゴリと音がするまでかきとれ」

と言われたそうです。

この処置は、手探りでするので分かりにくく、一つ間違うと子宮に穴が開くそうです。

子宮の基底膜に傷がつくと、もう子宮内膜は出来ないのですが、

処置の間何処からが基底膜か分かる方法も無く、

子宮内膜が薄いといわれる方の多くは、

このような処置を受けた経験があるとの話でした。

中途半端な妊娠はよくないとよくお話しますが

胎児が育たず、やむなく処置しなければならない結果になり

その後子宮内膜が傷ついてしまう可能性があることを考えると

妊娠すればいいのではなく

充分な状態で妊娠することが大事だとますます思いました。

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔