この記事は約 2 分で読めます。

8日夜、エフゲニー・キーシンピアノリサイタルに行ってきましたピアノ

場所は大阪シンフォニーホール・・・36ccb783.jpg

滋賀県の北の果てから

夜のコンサートに行くなんて(しかも平日)

とても勇気が必要したが

素晴らしかった!と言う言葉が軽く聞こえるほど

夜静かになると、頭によみがえってきます

クラシックピアノの素晴らしさを心から感じ始めたのは

ピアノを弾かなくなり、逆にたくさんの曲を聴くようになってから・・・

ピアノと言う楽器が、いろいろな顔を持つことを

心で感じられるようになったのも、今頃です

私が一番心安らぐ音楽は

クラッシックピアノ曲

曲を聴きながら、幼少時代からのさまざまな出来事を思い出し

なんともいえないような懐かしい思いで、心癒されるひと時です。

ピアノを弾くことは大好きでした

高校生の頃は、ベートーベンソナタの曲を練習しながら

少しでもたくさんのダイナミックな曲を弾くことが楽しくて

時間を忘れて練習していました。

許されるなら、6時間以上練習していたときもありました。

でも考えてみると、心で音楽を感じていたのではなかったと思います。

技術的に難しい曲を弾きこなすことが面白くて弾いていた・・・

そんな感じでした

受験でピアノをやめ、大学の間は軽音楽部に

そして、フュージョン、ジャズ・・・・

今クラシックに戻ってきていると言う感じです。

今の私の幸せな時間のひとつは

こうやって、ピアノリサイタルに時々出向くこと

そのうち

私の夢のひとつは

そのうち、またピアノを弾き始めること

今度は、心で感じて弾けるようになること・・クローバー

それまで、キーシン始め、いろいろな方のリサイタルを聴いて

イメージトレーニングします!