この記事は約 2 分で読めます。

先日より、全盲の辻井伸行さんの快挙の話題で持ちきりですね。

私も、4歳の頃より、高校の2年生までピアノを習っていましたから

全盲の中で、、ベートーベン「熱情」やリスト「ハンガリー ラプソディー№2」 ラフマニノフを弾く難しさは

よくわかります。

私は、手が小さいので、まず逆立ちしても無理ですが・・・・・

今まで、素晴らしいと言われている演奏家たちの

コンサートやCDを鑑賞してきて

心底感動したことはありました

最近では、「ブレハッチ」や「キーシン」のコンサートも素晴らしく

コンサートに行けること自体、幸せに感じて

感動したものです

数日前、父からメールで辻井さんの演奏アドレスを送ってきて

昨夜、やっと時間が取れて、全曲聴きました。

産まれて初めて

演奏を聴いて、涙が止まらなくなりました

演奏の技術が素晴らしいとか

感動するとか

そういう域ではないものを感じました

「辻井伸行」と言う存在を

この世に送り出してくれた

神様に感謝したい

そういう気持ちでした

「佐渡裕」さんが、辻井さんの演奏に「神」を感じた

と言う表現は、決して大げさではないと思います。

人間の無限なる力を、感じています。

私は、まだ自分の力を出し切っていません

辻井伸行さんの、澄んだ清らかな演奏は

たくさんの方の心を癒すことと思っています。

辻井さん、本当にありがとう!

PS
女性の悩み、子宝相談について

木曜日、日曜日、祝日のご相談はお休みさせていただいております

今のところ、なるべくお客様と直接お話できるように努力していますので

継続の方で、直接お話されたい場合、その旨電話口でお伝えくださいね。

その場ですぐお話できないとき、後ほどこちらから連絡させていただきます。

但し出張中は連絡が取れないことがありますので、ご了承くださいm(__)m

赤ちゃん待ちぶろぐd7856249.gif
  
クリックありがとうございますラブ

人気ブログランキングへ257f6310.gif
クリックありがとうございます