この記事は約 1 分で読めます。

最初の研修は
連先生の外来でした
山東中医薬付属病院研修2009_9999_25 ぶろぐ
30才の若い女性でしたが、重症の多嚢胞性卵巣症候群の方で
連先生は私たちのために
たくさんの患者を待たせて
その方を30分かけて診察されました
日本でも多嚢胞性卵巣による不妊患者は多く
最近、お客様でも
大変数多く見られる症状です
その方には
二至調経方をベースとした処方を使われていました。
日本では二至丹と言う健康食品と婦宝当帰膠を合わせた処方に似ています
最近当店でも
二至丹をベースにして服用していただいている方の妊娠が
増えているので
大変参考になりました