この記事は約 1 分で読めます。

無月経の分類は色々な見方があり

重症度を判断するための分類が一般的です。

まず一番基本的なのが

黄体ホルモンの補充によって、仮の月経があるかどうかで、重症度を判断します。

10日から14日ほど黄体ホルモンを服用し

その後生理が来れば・・・・・・第1度無月経

生理がこなければ・・・・・・・・・第2度無月経

と分類し、検査や、治療方法を選択していきます。

この分類では、第2度無月経のほうが重症だと判断するのですが

体調などによって、反応はさまざまで

第2度無月経と判定された場合でも

違う機会には、黄体ホルモンで月経が来る場合もあるようです。