この記事は約 2 分で読めます。

今回の九州の大会は

今の私にとって、とても大切なメッセージを残してくれました

事情があって、ここ数ヶ月、「命と食」について

深く考えさせられる毎日でした

食の考え方が、壊れかかっている・・・・・

心と体が壊れかかっている

今回の大会は

時々お客様に差し上げている「食養生の下敷き」を作成した

NPO法人「大地といのちの会」の吉田先生の講演でした。

無農薬有機栽培の野菜作りをするために

安定した「県職員」の仕事を止めて

お百姓さんになった、吉田俊道さん

パワフルで、大変面白い方でした!

その熱い思いが、伝わり、会場を圧倒させていました。

何より面白いと思ったのは

「元気な野菜を作る一番大事なポイントが

「土」作りで

人間で言えば、胃腸をしっかり整えることだ」

と、野菜と、人間を比べて説明したところです

まさに、東洋医学の考え方

胃腸=脾=土

です。

吉田さんは、東洋医学を勉強したのでしょうか・・・・・

自然を学ぶとそういうことになるということなのでしょう。

面白いと思いました。

食養生はいろいろな話が入り乱れ

何が正しいか見極めるのが非常に難しいと思います

アンテナは張り巡らし

盲目になるのではなく

自分になりに共感できるものを、取り入れていくことが大切でしょう

マクロビオティック、薬膳、たんぱく質補給・・・

そして今回のお話

何より、食を大切にする気持ちは同じです

自分の置かれている環境をよく考え

何が一番自分に必要な食養生か

自分でデザインできるようにする必要性を感じました

でも、このような会が盛んになり

元気野菜が増えていけば

きっと、未来は良くなると嬉しくなりました