この記事は約 1 分で読めます。

流産を繰り返す方の相談も

最近増えております

1回流産されたかたでも、やはり流産の経験はつらく

次の妊娠が怖くなることもあるようです

3回以上流産を繰り返した場合、習慣性流産といわれるのですが

年齢が高くなると流産率が高くなり

流産を繰り返す可能性が高くなります

こういう方には、漢方薬がとても役に立ちます。

先日の名古屋私立大学産婦人科学教授 杉浦真由美先生の講演で

大変腑に落ちたことがあります

習慣性流産の原因として

胎児の染色体異常、抗リン脂質抗体などが原因として代表的なものですが

私たち周期調節法のグループでは

多嚢胞性卵巣症候群も、流産の原因となるということを

南京で学んできました

ただ、産婦人科学会では、そのことに関して原因とはいえないと言う立場でした。

今回杉浦先生の御講演で、やっと納得できました

名古屋市立大学不育症患者1676組の原因を分類すると

胎児染色体異常    51%
抗リン脂質抗体     4%
偶発性抗リン脂質抗体 6%
内分泌異常       12%
  (うちPCOS      6%)

上記の結果から多嚢胞性卵巣症候群がかなり高い%になっています

杉浦先生は、流産になる可能性があることを明言されておられ
多嚢胞性卵巣症候群のかたはその治療をすることが、
流産の予防になる場合もあると言われていました。

東洋医学のできる範囲は見極めなければなりませんが
さらに自信を持って対応できる糧となります!