この記事は約 1 分で読めます。

日曜日の嵐山

下見の吉兆さんの前で足がつりました

夜に足がつることはたまにありますが

歩いていてつることはほとんどありませんでした

それが、なぜか今日は…

痛ててっ、痛ててっ・・・・

桂川の土手に座って、足をさすって~

でも治らない

しばらく足のばしたりしても

なかなか治りません

芍甘湯(芍薬甘草湯) こんな出先では持ってないし・・

ちょうどサト先生がビタミンウォーターを持っていたので

それをとりあえず一口 

ゴクッ

・・・

えっ? あれ?

足のつったのがスゥ~ と治りました

ほんと一瞬です

芍甘湯も即効性がありますが数分かかるのでは・・・

つるのは筋肉が異常緊張をおこしているからですが

西洋医学的には

筋肉疲労、筋肉の冷え、脱水でミネラルバランスがくずれる、等・・・

東洋医学的には

肝血虚(筋は肝とつながりが深く、血の臓である肝が血液不足を起こし、筋を栄養できなくなる)

と考えます

確かにお昼もえー加減にしか食べてなかったし

最近の運動不足に、嵐山の駅からそこそこ歩いていたので

足がつっても不思議ではなかったのでしょう

ビタミンウォーターで治るのですから脱水ぎみでミネラルバランスの崩れが

一番の原因だったと考えられるのですが・・・

それにしては効き目が早すぎる!

一口のんだ瞬間

ですからネ

なぜかわからないけど、人の体と言うのは不思議なもんだと思います

こんな反応の仕方もあるんですねぇ

とりあえず

ビタミンウォーターは魔法の水でした

魔法の水