この記事は約 2 分で読めます。

不思議なもので
昨日のような内容をブログで書いていると
まさにそのような方が相談に来られたりするものです

今日、自分の体重は決して痩せていないと思っている
大変スタイルのいいMさんが来られました

生活スタイルの乱れが、体重計に乗ることへの不安が原因だったので
とってもスタイルがいいのに、どうしてかなあと思って

「このブログを読んでくださいね

そうお伝えしました

まさにBMI19です

Mさん読んでおられるかなあー

昨日からの続きです

食事の内容をお伺いすると
どう考えても、とても少なく、たんぱく質が十分補給できていない気がすることが多いのです

朝・・・ほとんど食べない
    またはパンとコーヒー、野菜ジュース
    (時々ヨーグルト)

    ご飯、みそ汁、お漬物、豆腐または納豆時々干物

昼・・・小さい弁当箱にちょっとずつ(冷凍食品中心)
    またはパンとジュース
    うどん、そば、またはどんぶり
    
夜・・・そこそこ食べる

この食事内容で
夜しっかり食べていると

「しっかり食べています」

そのような返答になっている気がします

妊娠に大切な女性ホルモンなどの材料は
タンパク質と脂質・・・です

たんぱく質などの摂取量が不足すると
妊娠しにくい身体になっていきます

着床するための働きを動かす酵素の材料もまたタンパク質です

そこにビタミン、ミネラルが必要となります

タンパク質は1食につき20g近く必要です
その量を1日3回食べる必要があります
要するに1日60グラムほど必要です
  
たんぱく質10グラムのめやすとして・・
  
  豆腐・・・・・・・・・・・・半丁(200g)
  牛乳・・・・・・・・・・・1本半(300ml)
  サーロインステーキ・・100グラム

それぞれたんぱく質が含まれています
夜は補えているかもしれませんが
1日分としては不足している方が多いのではないでしょうか?

ダイエットが原因で生理不順になった方
ダイエット以降、冷え症になってしまったり
疲れやすくなってしまったり
胃もたれをすぐ感じてしまったり・・・・・・

ぜひ今のうちに食生活を見直してください
1日3食
たんぱく質を必要量食べること
子宝にとって、とても大切です。
すぐ見直し、食事を大切にしてくださいね!

食養生がしっかりベースにあって
漢方薬の効果がさらに出てきます・・・・・

       no title

お客様からさくらんぼうをいただきました
大変甘くておいしかったです

自宅のサクランボのようです!

食べれるさくらんぼが収穫できること
とってもうらやましく思いました


      
レガート日記 ヴィーナスへ行こう