この記事は約 1 分で読めます。

25日、26日にわたって2日間東京で周期調節法を学ぶグループでの研修会に参加してきました

1日目はいかに補腎薬を使い分けるかということで
15人くらいずつ4班に分かれて討論会

当日までに
多嚢胞性卵巣症候群の方の妊娠例と
早発閉経と言われた方の妊娠出産例を提出

どちらの方の例も今後のために参考になると思い
経過が長かったためまとめるのは本当に大変でしたが
(連日の深夜帰宅の一つの原因
短期間で妊娠した方を提出しようとする心にムチ打って
てこずりながらもなんとかまとめ提出しました

大変いい機会になりました

まとめながら、反省点、さらに参考になる点
何より自分のためになったと思います

当日私の提出した2例のほか2例の合計4例をもとに症例検討。

今回の会では私たち10年間周期調節法を学んできたものと
最近から学びだした方との交流を深める目的もありましたが

新しく入った若い方のまなざしが大変真剣で
終わった後も症例を手に質問に来られる姿に
大きなパワーをいただきました!

私ももう一度初心に帰って
反省する点
参考にする点
整理しようと思いました