この記事は約 2 分で読めます。

一昨日の京都の勉強会・・・・
何暁霞先生の、「自律神経失調症とストレス」の講義でした

視床下部→脳下垂体→交感神経、副交感神経系→各種機関の反応系神経系を図式化し、
東洋医学的な考え方に当てはめた先生独自の考え方をご披露

大変わかりやすく、実例をもとにして様々な話をされましたが
どれも思い当たることが多く
この季節にピッタリの話でした

改めて東洋医学と西洋医学のつながりの深さを感じました

そうなのかもしれないと漠然と思っていた事が
このように図式化されて話を聞くと
さらに知識が深まり嬉しくなります

西洋医学的にも「夜更かしとうつ」の関係は話題になりますが
東洋医学的にも、やはり夜12時過ぎの就寝は、「肝血」の不足につながり
気だるさ、憂鬱な気持ちを増してしまう

夜更かしの方には肝血を補う漢方薬が大事である事
再認識です

どれだけ気を補う漢方薬を服用していただいても
ここを見逃すと、疲れやだるさが取れないことは
私もよく経験します

肝血を補いながら疏肝する漢方薬「逍遥丸」の服用例は         
とても興味深くうかがいました

そして何より早く寝る事も大事・・・・・

私も少しずつ生活を変えています(*^_^*)

店先のお花もかわいく咲いています・・・・
花たちもだんだん元気になってきました
                        image

明日は「本陣薬局研修ツアー」

顆粒エキス剤で使っている
「小太郎漢方製薬美川工場」の見学に行きます!

品質が問われる今、皆様に服用していただいている原料など
どのような品質管理が行われているか、視察を兼ねての研修ツアーです