この記事は約 2 分で読めます。

昨日から東京での不妊周期調節法の勉強会に参加していました

1日目はグループミィーティング

A・B・C・Dの4班に分かれて
症例を検討します 

今回は、大変貴重な妊娠症例を提出させていただきました
ご本人様も快く協力していただき
正確なデーターを提供していただき、グループのメンバーにとって
大変いい症例になったと思います

個人情報のことがありますから
詳しく書けませんが

10年以上にわたる無排卵、いわゆる早発閉経の方の症例です
長い時間はかかりましたが
一時期は卵巣が超音波に映らないと言われた状態から
少しずつ卵巣機能が回復し
卵胞が発育するようになり
妊娠に至った例です。

その夜懇親会で
同じグループだった、ある薬局の若い女性の先生から

「あの症例は感動しました」

そう伝えられ
それについて考え方など話した時
その先生の目が見る見るうちに涙でいっぱいに・・・・
あふれる涙を抑えきれない御様子でした

私はその姿に
10年ほど前の私の姿を重ね合わせました

その先生自身もいろいろ苦労されているのだと思います
私も今でも壁にぶちあたったように感じることばかり

ただ、症例が増え
経験を重ねるうちに
自信につながってきます

でも涙が出るくらい
悩み苦しみ
必死で努力し
今の私があります

今のような先輩や
仲間の悩みながらも、奮闘している姿に
励まされ、
「よし、明日から頑張ろう!」と思ったものです

そう意味で、この勉強会は素晴らしいと思います
懇親会では
日頃の悩みや
店頭での様々なことを話す貴重な機会です

色々なヒントがあり
すべてが明日への活力になります

             image

またまた、さっぱり味の
おいしいおやつです
お客様には、甘いおやつダメとお伝えしつつ・・・
大変おいしくいただいてしまいます
ごめんなさいm(__)m