この記事は約 2 分で読めます。

旧本陣のリノベーションが進んでいます

サト先生が紹介してくれているように

木之本宿で一番古い古民家

木之本の大火事の後に建てられました

270年の歴史

270年前というと江戸時代中期

それから明治~大正~昭和~平成~?? まで

その歴史の重みというか、その責任というか・・・

私の代でリノベーションするなんて夢にも思っても
みなかった・・・

昨年秋から始まった工事も

だいぶん進んできました

少し前ですが設計士の松井建築設計さんの主催で

滋賀の建築士会さんの見学会がありました
見学会1

って、私らはお店で時間の都合がつかず立ち合い
できませんでした 

残念・・

名簿を見せてもらうと30~40人ぐらい来られたようで

なんと、スコットランドの建築家も来られました
見学会2

正直なところ、今まで建築にあまり興味を持ったことは
ないので

うちの家の作り方がどうかなんて

考えたこともありませんでした

ただ古いだけ、寒いし・・・

最初の調査から現在まで、設計士の松井さんや
施工の橋本さんに色々教えてもらっているのですが、

ただただ感心するばかり

聞いてみると、明治以前の建物の方が丈夫なのだそう

そこに洋式の建築法が入ってきて

日本建築の本来の良さがなくなってしまった・・・

それが、近年見直され・・・

この頃は古民家ブームも・・・

建築の歴史を聞いていると

日本の漢方の歴史ととても似たような流れを感じます

漢方の歴史も、蘭学(蘭方=西洋医学)が入ってきて

明治政府の政策により漢方は衰退の危機を迎えました

そして昭和になって復興し・・・

歴史を想っていると、家が生き物のように感じます

うちの歴史をずっと見て、そして住む人を守り・・・

ほんとの本当に満身創痍

よく頑張ってきたと思います


これから100年、200年先までを見越して

旧本陣

梁と柱の木組みで甦ります

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)