この記事は約 1 分で読めます。

中国不妊症研修から無事帰宅
今回も実り多い研修でした
湖北省の中心は三國志の舞台として有名な
武漢です
そこにある湖北省中医院で研修
そして、
婦宝当帰膠の工場見学
亀鹿仙の主薬「亀」の養殖池の視察
上記3点の大きな目標がありました
ただ、にほんで
1日目前半は病棟での研修
先生とともに病室を回り
患者様の状況を説明していただき
脈診、舌診
処方、経過の説明を受けます
切迫流産で入院されている方の研修です
「この方の脈は、滑、沈弱」ですね
実際に脈を取ってみたら
思ったよりも強く触れます
緊張しておられるのでしょうか・・・・・
2人の方の舌診、脈診などを確認し
その件についてさらに詳しく経過説明
P1000233
質疑応答ののち
外来研修に回ります
湖北省中医院の外来研修風景
BlogPaint
妊娠力を高めるための
補腎=腎を補う
健脾=脾胃を補う
この二点の方法について
かなり重要視されているのが分かり
日頃服用していただうことの多い
「衛益顆粒」
「双料参茸丸」等の漢方薬との共通点が・・・・・
腎を補う方法は様々ですが
日本で服用していただいている生薬の組み合わせで
応用できそうな処方です
やはりここでも多嚢胞性卵巣症候群が多いことを実感
日本と同じです
食生活が
影響しているのか
環境なのか・・・・・
いろいろ考えさせられます・・・・・