この記事は約 1 分で読めます。

5月3日~6日はお休みさせていただきます

お薬のお送りや対処は7日以降になります

誠に申し訳ありません m(__)m

コロナが流行りだしてから私もサト先生も漢方の勉強会がすべて中止になり、その代わりZoom講習会、研究会になってます

(まだZoom懇親会は経験しておりませんが…(^^;)

内容はやはり新型コロナウイルス感染に対する漢方治療についてが多いです。

元々中国で漢方治療が体系化されたのは、疫病との闘いの歴史があったから。

2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の時に板藍根が広く知られるようになったのはまだ記憶に新しいところですね

中国では西洋医学+中医学治療(漢方薬治療)が当たり前なので、

サト先生の先日のZoom勉強会では、今回の武漢での発症から中国での行われた漢方治療について、病態に応じた処方内容などもしっかりと教わっていました。

日本ではまだというより、ほとんど新型コロナ感染患者には漢方治療は行われていないようですが、

漢方治療を加えたらもっと改善できるはずなのに…

また、症状が軽い場合は漢方薬をうまく使えば…

さらに、日頃から漢方薬で免疫バランスを整えておけば…

思う事は多々あります

きっと

全国の心ある漢方家の皆さんも同じ思いを持っていると思います…

どうか一日も早く終息することを願うばかりです

ルールを守って

ステイホーム

です

コロナに負けるな!2

サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち