この記事は約 1 分で読めます。

年末年始にかけて
何人か妊娠報告をいただいたかたは
今とても大切な時を迎えておられる状況です

昨日、今日とそんな方のご相談。

やっとの思いで妊娠されたのに
流産してしまう
絶対に避けたいことです

少しでも流産を防ぐ
それには漢方薬の服用がとても大切になってきます

流産の原因として
1.気の不足、血の不足で子宮力が弱く赤ちゃんを育てる力が不足している
2.血液の流れが悪くて、赤ちゃんにたっぷりの血を送ってあげられれない
3.子宮のベッドが冷えていて硬いため、赤ちゃんが育ちにくい
4.精神的に不安定でストレスが多く、安定して赤ちゃんに栄養を送ることができない
5.赤ちゃんが弱く、成長できない
6.免疫的な問題

上記の点が考えられます

そして、どの理由にも
漢方的な対処の方法があります

より一人でも多くの方が
自分にあった漢方の対応に出会っていただけるといいですね

何より、漢方薬で上手にフォローできると
つわりが軽減!

どうか、このまま
卒業まで漢方薬を無事に服用していただけますように・・・・