この記事は約 2 分で読めます。

私が子宝相談をライフワークにしようと決めてから
もう16年になります
そのきっかけは、中国中医学との出会い、そして
南京中医学大学附属病院の婦人科 国医大師「夏桂成」先生の講義を受け、
その先生の大学病院に研修に行ったことが始まりでした

16年たった今
日本で初めて、世界中医薬学会連合会主催
第4回アジア太平洋地域「中医薬サミット」

が開催されることに

この機会に
16年を振り返り、論文を書くためにカルテを見直し
改めて、多くの気付きがありました
奇跡的といわれる症例も数多くあります
その中でも、代表的な4例について
さらに詳しく見返すことにしました

繰り返し体外受精を失敗され
卵もできなくなり
不妊歴は11年。40歳直前で
「あきらめてはいるけれど・・・」
そのようにお話されながら来店されたMさん

もともと月経不順で
何とかホルモン治療で排卵を促し
体外受精も数え切れないほど挑戦され
40半ばになり、
FSHが200近くまで上がってしまうこともあったKさん

先日もブログで紹介させていただいた、抗精子抗体強陽性で
繰り返し体外受精に挑戦されたNさん

10年近くの未妊の中、チョコレート嚢腫の状況が悪く
手術を2回繰り返した後、体外受精でどれだけ刺激しても
1個か2個の卵しかできない状況にショックを受け
相談に来られたTさん・・・・

詳しくカルテを見返し
反省する点と
共通する参考になる点
非常にいい機会を得ることができました

何より
上記4例中2例は自然妊娠です

最先端の治療をもってしても
妊娠できなかった方においての自然妊娠

大きな学びになるきっかけです

これからの
新しい奇跡とさらに出会うために・・・

_20190211_010756

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど
専門相談
 ⇒
平成31年3月15日(金)、16日(土)
      4月5日(金)、6日(土)

先生、ブログはこちらです
 ⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう