この記事は約 2 分で読めます。

20日、木之本にて

「今日1日を命一杯」という演題で、「こんともちゃん」こと、
林智子さんのお話しを伺う機会に恵まれました

講演は7時30分から
お店は、特別に午後7時に終了し
いそいで帰宅

ダイ先生と二人で
会場へ・・・

「あーちゃんの虹」を書かれたこんともちゃん

話をしているだけで
温かい気持ちにさせていただける
素敵なオーラをお持ちです

多分たくさんの悲しいを乗り越えてこられたから
命を削られるような悲しみの体験をされたから

だからこそ
こんともちゃんのメッセージは心に響きます

DSC_2720

私は何回も講演を伺い
著書も読み
ご本人からも様々な気持ちを伺っているにもかかわらず

やはり講演で泣いてしまいました
悲しみの涙というより
感動の涙です

「命の大切さ」
「人と人とのつながりの大切さ」

今大切な方へ
素直になりメッセージを伝えること

明日には何が起こるかわからない
今日のうちに・・・

自分のときときした心の針が
すーと溶けていくのを感じました

素晴らしい力ですね

FB_IMG_1569083056892

そして土曜日は
神様からのプレゼント
Kさんのおなかに初めて命が宿りました

来店され、体温と脈、最近の体調から
妊娠を確信

「近くのドラッグで妊娠検査薬を手に入れて
まずは検査してみて」

もどられたKさん

「先生どうしよう、手が震える」

信じられない気持ちから

それもそうですね
不妊治療も経験され
ここに来られて、2年
今まで妊娠されたことがありません

少し前から、専門病院の受診を
おすすめしていたのです

「そこまでしようと思っていないのです」

そのお気持ちを大切にし
漢方薬を飲みつないできました

どうか、今はまだ小さな命のともしび
大きな太い松明の火になりますように

祈りとともに
安胎の漢方薬をお渡しいたしました