この記事は約 2 分で読めます。

あっという間に暑い季節になりました。

先日、32週に入った方がご来店されました。
子供は“純陽”=陽気のかたまりですので、お腹に赤ちゃんを抱えたお母さんはさぞ熱いだろうと思います。
でも「暑い!」とおっしゃるそのお顔はどこか嬉しそう。もうすぐ、ずっと待っていた赤ちゃんと会えますね。長かったような、短かったような、最初は祈るような気持ちで週数を重ねていたことを思い出します。
早く会いたいな。私もとっても楽しみです。

そしてもう一つ嬉しいご報告。

昨年からご来店いただいているNさん。
とても素直で素敵な方で、こちらの話をノートに取りながら聞いてくださいます。漢方薬も一生懸命飲んでくださり、苦手な錠剤もたくさん飲んでくださっています。

ご相談時間が長くなりがちで、夜も遅くにお帰り頂くことも多いのに、いつも「ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。」と笑顔でお声がけ下さり、どんなに疲れていてもその言葉に元気づけられ、「頑張ろう。」そう思えました。

旦那様もとても素敵な方。このお二人にお子さんができたらどんなに良いか、そう願うような気持で毎回相談をさせて頂いています。

しばらくしてご妊娠、喜びも束の間の流産。
Nさんにとっては4度目。
私も胸がつぶれる思いでした。

新しい病院をご紹介し、漢方薬を調整し、また一からのスタート。

先日、二度目のご妊娠。

「なんかもう疲れたなって・・・。」決して弱音を吐かれなかったNさんがそう涙され、少しお疲れが出たのか胃腸の調子が悪くなり、漢方薬をシンプルなものに変えた時でした。

どうか、今回は、今回こそはこの小さな希望の光が輝き続けますように。