この記事は約 2 分で読めます。

相変わらずのコロナ禍、また変異株も出てきてなかなか心休まることがありませんね。
この頃は休日の朝が心休まるひと時。
豆から挽いてコーヒーを入れます。
温かいコーヒーが体に染み渡り、心もふわっと緩みます。

「心と体を緩ませること」これは妊活の上でもとても大切です。
精子や受精卵は女性にとっては異物ですから、体が攻撃態勢になっている時は受け入れることができません。
心と体が緩んで余裕がある状態が、一番妊娠しやすい状態です。

でも、妊活を頑張れば頑張るほど、心と体が緩みづらくなることがあります。
なかなか赤ちゃんがやって来てくれない事への焦りや、病院治療の苦痛、周囲から心無い言葉をかけられることも…。
そんな時、一旦ペースダウンして心に余裕ができると、それが良い結果に繋がることがあります。

Mさんも、結婚されて3年。ホルモン剤も使ってタイミング法を続けて来られましたが、なかなかご妊娠されず来店されました。
Mさんには、睡眠、便通の状態、月経の状態、イライラなど細かなお悩みがたくさんあったので、周期調節法をベースにまずは体調を整える方針で漢方薬をお飲み頂きました。

2ヶ月ほどして睡眠と便通の状態が安定し、月経の状態やイライラも徐々に改善されてきました。
今通院しているクリニックから遠方のクリニックを紹介されたけれど、一旦お休みしてまずは体調を整えたいとお話しになった翌周期に妊娠のご報告。
漢方薬で体調が整ってきたところに、お休みをきっかけに心と体に余裕ができたのが良かったのでしょう。

Mさんご夫婦は、まだまだいくつもの壁を乗り越えなければなりません。
私も全力でサポートさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょうね。

妊娠中の女性