この記事は約 2 分で読めます。

先日お越しいただきました新規のお客様

お具合等、お聞きした後

いつものごとく糸練功・・・

していると、ちょっとお客様の雰囲気が・・・

・・・

「そういうことせずにお薬だしてもらえませんか?」って

はっ??

お聞きしてみると

お客様は宗教に入信しておられ

私の糸練功をなんか変わった宗教かと思われたみたいでした

一応、糸練功について説明して

全く宗教とは違う、純然たる東洋医学であることをお話ししたのですが・・・

あまり時間がない中でしたので

確実にわかってもらえたか

ちょっぴり不安です・・・

まあ、私としては何と思われても全く気にせず

お客様が良くなればそれでいいのですけどね

変に嫌がられて、漢方薬買ったけれど

結局、飲まれない  

なんてことが一番悔しいですから

実際全く何も知らない方が糸練功をしてるの見たら

なんか変な宗教みたいなもんかと思われるかも知れませんね

私が漢方薬の判断に糸練功を使うようになって

10年ぐらいになりますが

お客様から今回みたいなこと言われてたの

初めてでした

皆さん、何の違和感なく (少しはあったのかも(^_^;))

そのまま普通に~~~

でしたから

考えてみると、宗教に入信しておられるからこそ

よけいに敏感に拒否反応を示されたのでしょうね

でもでも

見えなものをそれだけ信じておられる方が

自分の信じるもの以外の見えないものは信じられない

というのは

なんか 変 

ですね

糸練功は信じるとか信じないとかいう心のレベルのものじゃなくって

中国古代の医家 扁鵲(へんじゃく) が行ったという糸脈診がルーツです

気という確実に実在するエネルギーを感じる技術です

携帯電話やTVの電波?が目には見えないのと一緒ですよん

syouken伝漢