漢方の本陣薬局

滋賀県長浜市にある漢方相談専門薬局【漢方の本陣薬局】不妊症・子宝・腰痛・坐骨神経痛・生理痛・生理不順・自律神経失調症・こころのお悩みなど。それぞれのお悩みに合わせて3人の薬剤師がご対応いたします。JR木ノ本駅より徒歩5分、木之本ICより車で3分。

永代経にて

この記事は約 2 分で読めます。

私は今年から、明楽寺という
  お寺の役をさせていただいております

そして12日は「永代経」のお手伝い

お参りに来られる方のための
60人分のお昼のお食事と、お茶の準備です

永代経では
「お参り、講話」があります

それは分かるのですが
何をお参りするんやろ

どうも、お参りのためのお金も必要なのですが
どのように金封に書いたらいいの?

お手伝いに来ている皆で
いろいろ意見をするんですが
「・・・・・?」
そこで
「永代経」について
どのようなものかなと
調べてみました

永代経
~死者のために、寺が永久的に継続して彼岸などに行う読経~
(大辞泉より)

ネットでも調べてみました
故人のご縁をもって、この世の私たちがお経を唱え、
              御仏の教えを後世につないでいく~

どうも、少しニュアンスが違うようです

もともと浄土真宗では
死者の供養のために読経するという考え方はなく
仏様、ご先祖様の教えを心に傾けるために読経する・・・という考えだとのこと

永代経の説明について
後者の方がしっくりします・・・・

お金の表書きは、ネットで調べると

永代経懇志」

と書くとの事ですが・・・

私たちは

「御供え」と書きました・・・・

良かったのでしょうか・・・(^-^;

「これだから今のものはいけない」

どこからかそうお叱りの声が聞こえてきそうです

でもこれで、何とか、少し理解できたのでしょうか・・・・

ご先祖様、わからずお参りさせていただき
申し訳ございません・・・・m(_ _)m

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒9
月28日(金)、29日(土)
        10月26日(金)、27日(土)


先生、ブログはこちらです
 ⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

この記事を書いた人

竹内 聡
2003年より不妊婦人科周期調節法の中国研修にて毎年研鑽を重ね、日本中医薬研究会「不妊症専門部会」の上級エキスパートとして活躍中。 ご来店いただいたすべてのカップルが、 笑顔でお帰りいただけるように!いつもそのような思いで店頭に立っております。担当:子宝/更年期/各種婦人病/産前産後のケアなど

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください