この記事は約 3 分で読めます。

今日のSさんの話びっくり
本当にえーって言う感じで、気持ちを抑えるのに苦労しました炎
Sさんにではなく、Sさんを診察しているお医者様!

Sさんは、クロミフェンを服用したとき、吐き気、めまい、頭痛、下肢の痛みを感じました。
それでも1回目は偶然だと思って我慢しましたが、
その体の不調を違う理由と思って、
不安に思って、友人の紹介で私のところに来られました。

私も、ホルモンのバランス不調と考えてお話させていただきました。

そして次の相談日のとき
「体の不調は、クロミフェンを服用したときだと分かった」
とSさんは私に訴えられました。

私はお医者様に相談してみたら?と伝えました。

でもそこからです驚いたのはびっくり

次の相談日のときに聞いてみたら、

「クロミフェンでそんな副作用が出るなんて聞いたことが無いびっくり

というお医者様からのコメントだったとか!

・・・・・?!」です!

ちょっと待ってください。わざわざ立場をわきまえて、
判断をゆだねさせていただいているのに、
それは、あまりに乱暴すぎる発言だと思うのです。

良識のある不妊治療を心がけられる医師も増えつつある中、
田舎では、まだまだこんなことをおっしゃられる方もあるのですね。

ちなみにSさんは、結婚されてからまだ1年たっていないのにです。
それさえも大問題です。
「ホルモンの値よっぽど悪かったの?」
と聞いたら、
「ううん。それは大丈夫と言われた。別に問題は無いと」
「何処が悪いかということもあまり無いみたい」

しかも年齢は20代前半びっくり

ありえない

Sさん相手に半分切れていましたが、
なにぶんお医者様には逆らえませんから、
クロミフェンというお薬について、情報提示をさせていただいただけにしました。でもそれを見たSさんは、
「ここに書いてあるの、結構(副作用)当てはまる・・・びっくり怒
と、驚きの御様子。

そこから少し離れた医院の先生は、とても良識のある対応をされていて、
「田舎でもこんな先生が存在するなんて頼もしいなあ笑顔
と喜んでいたところなのに、
ギャップが大きすぎます。

でもその良識のあるなしは、なかなか簡単には判断できないです。
前者のびっくり医師も、ちょっと有名な新しいきれいな医院の医師ですし・・・

・・先生!実は私先生のことは良く存じ上げております。とても思い出深い先生です。
いい先生だという記憶が心の奥にはあります。
ぜひ、その想い出を壊さないで欲しい!
いい先生として、ぜひこれからもご活躍していただきたいのです。
本当に宜しくお願いいたします!」

  家漢方の本陣薬局