この記事は約 3 分で読めます。

昨日ブログを書かせていただき
更新の仕方が悪く
前半ごっそり抜け落ちたまま更新しておりました💦
おかしい内容に気が付き、気を取り直して書き直しております

クレマチス、昨日までのお天気で
次々と咲き始めました

4年前に引き継いだ庭は、うどん粉病が蔓延して
病気だらけでした
あまり薬を使いたくないので
どうしたらいいか考え、木酢液を使ったり、バーク堆肥で土壌改良したり
薬を使わずに、年々元気になり
今年は今のところ病気が発生しておりません
庭の草花も、人と同じ
免疫力を強くすることが大切ですね

たくさんのお手紙をいただいており
今は少しずつご紹介いたしております
今日ご紹介のお手紙
流産を繰り返し、どうしたらよいかわからなくなって
知人の方のご紹介で来店していただきました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が漢方薬を飲んでみようと思ったのは、死産がきっかけでした。

聡先生に出会い、漢方薬を服用出来、子供を授かれたことは本当にうれしい事でした。

私自身、妊娠しない身体ではなかったのですが、妊娠しても卵が成長せず3カ月を待たずに流産することを数回繰り返していました。やっと安定期になるまで成長出来た卵も、仕事や家事等で体調を崩したことで、死産してしまいました。

もうどうして良いか分からず落ち込む日々が続きましたが、周りの家族のすすめもあり、聡先生に相談してみることにしました。度重なる流産の原因や、死産の原因等、医学的に調べたことも無いので、分かるわけも無いのですが、私が話す症状や体の状態を診て処方して下さる薬を服用するうちに、それまで慢性的にあった偏頭痛がおさまったり、体も以前の様に疲れやすい、眠れないといった症状が軽くなり、沈んでいた気持ちも上向いてくる気がし始めました。そして、妊娠。そのまま漢方薬を飲み続けていることもあってか、安心して妊婦生活を送ることが出来ました。安定期に入ってもいろいろ話を聞いてもらい、状況に合った薬を処方してもらい、無事に出産をむかえることが出来ました。漢方薬を飲んでいなかったら、妊娠、出産することは、難しかったと思います。不妊で悩んでいる友達や、治療をしている友達にも進める事があります。体に良いと分かっているけど…。という答えがかえってくるのですが、もし、迷っている方がおられたら、是非一度飲んでみて下さい。赤ちゃんが過ごしやすい体を作ってあげられるのが漢方なんだなと思いました。

1人目の子を授かるのに長い時間がかかったことが信じられないくらい早く、2人目を授かれたことに漢方の力を実感し、感謝いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Tさんは、妊娠中、出産後もずっと漢方薬を続けていただき
断乳後すぐの妊娠
何の問題もなく出産を迎えられました

二人のお子様はとてもかわいく
時々一緒にお越しいただき、
たくさんの笑顔が思い出です

妊娠中から、出産、授乳が終わるまで
漢方薬でサポートすることは
体にとってとても大切なことです
二人目を目指されている方は、
続けられると、無理なく次のステップにつながることが多いのです

体外受精で授かられた後、産前から産後までずっと漢方薬を続けられ
断乳後、自然に子宝に恵まれた方もおられました

一例だけではありません

 

2年前から、片隅に仲間入りしたロータス

優しいレモン色で
かわいい葉色
今年は特にかわいらしい姿で
初夏の緑一色になりつつある庭に
ふわっと明るく、存在感のある様子を見せてくれています