この記事は約 2 分で読めます。

こんにちは太陽

今日はダイが成都に向う日です。

諸葛孔明のサイン入り色紙を手に入れることができるか、

もう何年も前から言っていましたので、
夢がかなうといいですね!

今日は、佐藤先生のお話の続きです

体重の問題は、以前にも書きましたが、
ここに来ていただく方は(相談者は)

結構どちらかに偏っている方が多いですね。

つまりやせているか、肥っているかです。

そして、やせている方は、
まださらにやせたいと思っておられて、

たまにダイエット商品に興味をもたれる事があって、
どこか壊れているなあと感じることがあります。

妊娠にかかわる基準は・・・・

BMIでいうと

女性の場合19以下で、妊娠率が低下するデータがあります

30以上で同じく妊娠率は低くなります
BMIは体重÷身長÷身長です

一度計算してみて下さい

男性の場合、

25以上で正常の運動精子の数が減少

29を越えると、妊娠力が下がる可能性が高いデーターが出ています

女性の場合、とにかくやせすぎの方は、まず太ることです!

男性の場合は、太っている方はやせることです!

ということは・・・・・

女性がやせていて、
男性が太っているカップルはさ・い・あ・く・・・・困った

(男性、女性、共に太っている方も)

ということです!

結構重要課題ですから、心して気をつけましょう!

追伸

女性のやせている方に、

「あなたはやせていることも原因かもしれません」

そんなお話をすると

「でもやせている人でも、子供を産んでいるから、大丈夫だと思って・・・」

そんなことを言われることも良くあります。

統計の問題ですから、
やせている人が必ず子供ができていないということではありませんから、
もっともな話です。

でもそれが、その人の持つからだの元気度だと思います。
つまり体質ですよね。

本当に、妊娠力の強い人は、結構過酷な条件でも妊娠されます!

でもあくまでも、それは

「そういう人がいる」というレベルであって、

あきらかに

「そうでない人の方が多い」

という統計の元で考えなければなりませんよね。

時間は限られています。

最大限の努力をしていかなければ大変な後悔につながることもあります。

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔